子供の成長豆知識

【幼児】5歳児の平均身長&体重は?成長に関する知識を徹底解説!

遊ぶ子供

5歳児(年中)の女児の平均体重は約17.4kg~19.3kgとなっています。男児の場合、約17.7kg~20.1kgが平均体重の範囲内です。身長は女児の場合、約106.2㎝~112.2㎝で、男児の場合約106.7㎝~112.7㎝となっています。

これらの値はあくまでも平均的な身長と体重なので平均の値よりも大きな子もいれば小さな子もいます。その子なりに成長しているのであればたとえ平均の値の中に当てはまらなくてもあまり心配することはありません。大きな子は20kgを超える子もいます。

4~5歳児は成長が著しい年齢でもあるので、食が細く小さめな子は食事の量よりも回数を増やすなどしてあげると効率よく栄養を取り入れられ成長のサポートにつながります。

5歳児の特徴と発達の目安

パソコンで悩む女性

5歳児の多くは保育園や幼稚園に通い、一通り自分のことができる年齢でもあります。子供の成長が手に取るようにわかることも多くなり、肉体的にも精神的にも大きな成長を遂げます。

運動能力もあがり自転車に乗ることが出来るようになる子、鉄棒ができるようになる子も出てきますし、人とのかかわりの中でも協調性や社会性が身についてきて、周りに合わせたり感情をコントロールすることができるようになるのも5歳児の特徴です。

自分でできることがたくさん増える

驚く子供

今までは両親の手を借りないとできなかったことが、一人でできるようになるのも5歳児の特徴です。「お着換えしよう」といえば手を出さなくても着替えができるようになり、歯磨きも磨き残しはあっても自分である程度できるようにもなります。

洋服をたたむのも上手になりますし、使ったおもちゃを時間になったら片づける、元にあった場所に戻すこともできるようになります。

運動能力・バランス力がついてくる

野球

5歳児になると運動能力があがります。自転車に乗ることができるようになったり、3段くらいまでなら跳び箱を飛んだりすることができるようにもなります。

鉄棒やうんていにぶらぶらとぶら下がる、ケンケンパをしたりと、ワンランクアップの動きもできるようになります。体力と筋力がアップしてバランス感覚も備わるので、片足立ちもやや不安定ではありますができるようになるのもこのころです。

人とのかかわりが上手に

家族の食事

人のしぐさや顔を見て、相手が何を考えているのか、いまどんな風に思っているのかを読み取ったりくみ取ったりできるようになります。

自分で考えて行動をする、幼稚園や保育園のお友達と一緒に問題や課題に向き合って、それらを解決するべく助け合うということもできるようになります。それから達成感を覚えて協調性や社会性の大切さを学んでいけるのも5歳児です。

人に対する思いやりや人のことが考えられるように

本を読む子供

兄弟や姉妹と遊ぶ以外に友達と遊ぶことが増え、お友達の大切さお友達の温かさ、またお友達と血のつながった兄弟や姉妹との違いを感じるようになります。

自分よりも小さな子や、逆にお年寄りに対して思いやりを持って接することができるようになってくるのもこのころです。自分とは違う年齢の子供や、両親とは違う大人との関わりを積極的に持たせることで、さらなる心の成長を感じられるようになります。

字に興味を示すことも増えてくる頃

メモする女性

絵本などに触れる機会も増えることから、文字や数字への興味が急激に増してきます。中にはひらがなが読めるようになったり、ひらがなを真似たりする子も出てきます。数字を数えたりすることができるようになるので、物を数えたりすることも増えます。

ただ、文字や数字に興味がない子ももちろんいるので、我が子が数字や文字に興味がない、読めないからといって慌てて学習させる必要はまったくありません。

文字や数字に興味がない時はどうする?

5歳児は言葉のコミュニケーションが大きく変化し、自分の気持ちを表現したり、相手の気持ちや状況を表現・説明することが上手になってきます。

文字や数字を覚え始めるのも5歳児の特徴ではありますが、周りの子が読み出したり書き出したりすると焦ってしまう気持ちもわかります。しかしながら、無理やり教えて文字や数字に抵抗を覚えてしまう子も実際にはたくさんいます。

文字や数字に対して子供が興味を示すように促すためには、「に」だったら「にんぎょうのに」「にんじゃのに」など我が子が好きであろうものや知っているものなどでたとえをあげてから教えてあげるのがポイントです。絵本を繰り返し読んだりすることで文章を覚えて文字を覚える、興味を示す子もかなりたくさんいます。

5歳児が発する言葉の発達度

女の子と男の子

だいぶ意思疎通ができるようになる5歳児、相手の言っている事、言いたいこと、また自分が伝えたいことや話したいことを伝えられるようになります。言葉の発達が著しいのが5歳児で、日に日にいろいろなことを覚え話し、それをいろいろな人に伝えることができるようになります。

言葉での意思疎通ができるようになるので、わからなかったり伝わらずにイライラするようなことも少なくなってくるのが、5歳児の言葉の発達過程で見られる特徴です。

自分の思っていることを言えるようになる

親子

語彙数が1000字を超えるようになります。語彙数というのは、簡単に言うと単語の集まりのことを指します。1000字の単語を使い分け、その言葉の意味がわかるようになるので、今まで以上に子供と言葉のやりとりができるようになります。

人の話を理解できるようになり聞くことが上手にもなりますし、話を聞いて行動を起こし、言葉で伝えたいことが伝えられるようになるので、課題や問題を言葉で伝え解決の糸口を導き出していきます。

もちろんまだまだ自己主張が強い年齢でもあるので、すべてにおいて言葉でのコミュニケーションができるわけではありません。自己肯定感を大切にしてあげることが大切です。

身体発育曲線を使った5歳児の発達

グラフ

5歳児は、6歳になるまでの1年間で平均して約6㎝ほど身長が伸びます。子供の成長というのはかなり差があるので一概には言えませんが、-2SD以下だと医学的な観点からは「低身長」とされています。

年齢と身長の平均をチェックすることで、仮に-2SD以下だった場合早めの受診をして、低身長に対する治療なり対処をしていくことができますので、心配なこと、心当たりがあるようであれば小児科で相談することをお勧めします。

身体発育曲線の見方とは?

グラフ

先でも述べたように、低身長とされているのは成長曲線で言うならば-2SD以下となります。もちろんこの数値は目安であり、仮に数値に近かったり当てはまっていたとしても、必ずしも低身長であると診断を受けるわけではありません。

過度に心配しないで成長が緩やかであっても成長曲線に沿って伸びていれば、子供の成長の様子を見守っていくことも大いにあります。

-2SDの場合は低身長症の可能性も…

医者

男女で成長曲線が異なり、低身長とされる-2SDの値も同じ5歳児でも男女で異なってきますし、必ずしも-2SDの範囲内、もしくは近いからといってすぐに低身長と診断を受けるわけではありません。しかしながら、中には-2SDで低身長が疑われ、医師の診断を仰いだことで低身長であると診断結果が下るケースももちろんあります。

低身長の可能性があり、専門家に診てもらっているわけではない状態ではその可能性も捨てきれないのも事実ですから、疑いがあったりほかの同い年の子に比べて背が小さいなど気になるところがある場合は、小児科や専門の知識のある医療機関を受診しましょう。

すぐに診断が下るわけではなく、診断が下るまでには成長をある程度見守っていくこともあります。身長が小さくても曲線に沿うような形で身長が伸びていれば「様子見」という診断が下るケースも少なくないのです。

4~5歳というのは栄養状態がとても大切な時期でもあります。あまり食べれない子ももちろんいますから、3食にこだわらず食事の回数を増やすなどして工夫をしてあげるといいでしょう。

【男女別】5歳児の平均身長は?体重は?

メモ

親であれば、我が子の成長は平均的なのか、平均から大きく外れてはいないだろうかと気になるところではないでしょうか。子供が小さかったり、逆に大きかったりすればそれはそれで心配になるのが親心です。

5歳児の平均の身長と体重というのは男女で異なってくる部分がありますので、男女別に詳しく5歳児の平均身長と体重について解説していきましょう。

5歳の子供が1年間で伸びる身長の平均は何cm?

笑顔の男の子

5歳児は男の子の場合、平均して5歳0ヶ月から11ヶ月の間に約6.1㎝ほど身長が伸びます。5歳0ヶ月は平均身長が約106.7㎝、5歳11ヶ月は約112.7㎝です。

女の子の場合、5歳0ヶ月から5歳11ヶ月の間に平均で6.3㎝身長が伸び、5歳0ヶ月のときの平均身長は約106.2㎝、5歳11ヶ月のときの平均身長は約112.2㎝となっています。

男児よりも女児の方がやや身長の伸び率が高いのですが、あくまでも平均であり個人差がありますので参考の数値としておくといいでしょう。ただ、成長曲線から大きく離れてしまっている場合は、低身長の可能性も捨てきれないので、かかりつけ医や専門家のいる医療機関に相談しましょう。

5歳(0ヶ月)の男女別平均身長と体重はどのくらい?

兄弟で食事

5歳0ヶ月の男の子の平均身長は約106.7㎝、低身長とされる-2SDは98.1㎝となっています。平均体重は17.7kg、標準偏差が2.5kgとなっているので参考にしてみてください。

5歳0ヶ月の女の子の平均身長は約106.2㎝、低身長とされる-2SDは97.7㎝となっています。体重は約17.4kg、標準偏差は2.3kgです。

あくまでも値ですので必ずしもこれに当てはまらなくてはいけないわけではありません。ですが、低身長の可能性も少なからずありますので、医師に相談してみましょう。大きな子もいれば小さな子もいます。個々の成長を見守っていくことが大切です。

5歳(1ヶ月)の男女別平均身長と体重はどのくらい?

歩く女の子

5歳1ヶ月の男の子の平均身長は約107.3㎝、低身長とされる-2SDは98.5㎝となっています。体重の平均は17.9kg、標準偏差が2.6kgとなっています。

5歳1ヶ月の女の子の平均身長は約106.7㎝、低身長とされる-2SDは98.2㎝です。平均体重は約17.6kg、標準偏差は2.4kgです。

保育園や幼稚園で同じ年齢の子も多く、身長や体重など見た目の違いが比較しやすい状況にありますので、気になってしまうこともあるでしょう。成長期真っ只中です。個人差も大きいですから、数値だけで判断をすることがないようにすることが大切です。

5歳(2ヶ月)の男女別平均身長と体重はどのくらい?

食事する子供

5歳2ヶ月の男の子の平均身長は107.8㎝、低身長とされる-2SDは99.0㎝となっています。また平均体重は18.1kg、標準偏差は2.8kgです。

5歳2ヶ月の女の子の平均身長は107.3㎝、低身長とされる-2SDは98.7㎝となっています。また平均体重は17.8kg、標準偏差は2.5kgとなっています。

身長にしても体重にしても個人差が出てくる年齢でもありますので、必ずしも標準の値から外れているからといって低身長や低体重となるわけではありません。

あくまでも判断基準は目安ですので、緩やかでも成長していることがわかっていれば見守るというケースも多々あります。

5歳(3ヶ月)の男女別平均身長と体重はどのくらい?

食事する子供

5歳3ヶ月の男の子の平均身長は108.3㎝、低身長とされる-2SDは99.5㎝となっています。また平均体重は18.3kg、標準偏差は2.9kgとなっています。

5歳3ヶ月の女の子の平均身長は107.8㎝、低身長とされる-2SDは99.2㎝となっています。また平均体重は18.0kg、標準偏差は2.6kgです。

成長というのは個人によって差があります。そのうえで成長曲線というのは、子供がその年齢に沿った成長をしているのかを判断するための基準となります。

成長過程での異常を早期発見することで早期治療を促せるという観点もありますが、値は目安としてとらえていくことが大切です。

5歳(4ヶ月)の男女別平均身長と体重はどのくらい?

驚く女の子

5歳4ヶ月の男の子の平均身長は108.9㎝、低身長とされる-2SDは99.9㎝となっています。また平均体重は18.5kg、標準偏差は2.9kgとなっています。

5歳4ヶ月の女の子の平均身長は108.4㎝、低身長とされる-2SDは99.7㎝です。また平均体重は18.1kg、標準偏差は2.6kgです。

成長曲線を活用する理由はいくつかありますが、その時点での成長が適正であること、仮に低身長や低体重の疑いがあるのであれば早期発見早期治療につながるためです。早期発見することでほぼ元の正常な成長の状態へ戻すことも十分可能です。

5歳(5ヶ月)の男女別平均身長と体重はどのくらい?

食事する子供

5歳5ヶ月の男の子の平均身長は109.4㎝、低身長とされる-2SDは100.4㎝となっています。また平均体重は18.7kg、標準偏差は2.9kgです。

5歳5ヶ月の女の子の平均身長は108.9㎝、低身長とされる―2SDは100.1㎝となっています。また平均体重は18.2kg、標準偏差は2.6kgです。

急速にに伸びが悪くなっているような時、逆に伸び率が大きいような時など、何かしらの要因も考えられますが、両親や家族が小柄であれば-2SDの成長曲線に沿って成長していくということも多々あります。あまり心配せず、成長を見守ることも大切です。

5歳(6ヶ月)の男女別平均身長と体重はどのくらい?

飲み物を飲む女の子

5歳6ヶ月の男の子の平均身長は110.0㎝、低身長とされる-2SDは100.9㎝となっています。また平均体重は18.9kg、標準偏差は3.0kgとなっています。

5歳6ヶ月の女の子の平均身長は109.5㎝、低身長とされる-2SDは100.6㎝となっています。また平均体重は18.4kg、標準偏差は2.7kgです。

乳幼児期から低身長が明らかである場合などは成長の過程での異常が考えられるわけですが、急に成長をする時もあれば緩やかになる時期もあります。あくまでも目安ですので、必ずしも適正内で成長をしていなくてはいけないということではありません。

5歳(7ヶ月)の男女別平均身長と体重はどのくらい?

遊ぶ子供

5歳7ヶ月の男の子の平均身長は110.5㎝、低身長とされる-2SDは101.㎝となっています。また平均体重は19.1kg、標準偏差は3.0kgです。

5歳7ヶ月の女の子の平均身長は110.0㎝、低身長とされる-2SDは101.1㎝となっています。また平均体重は18.5kg、標準偏差は2.7kgです。

栄養状態だったり病気が原因で低身長や高身長になっていないかなどを判断する指針となる成長曲線。親も変化の様子を見て理解できるため、現在は学校や保育園、幼稚園などで多く活用されています。

5歳(8ヶ月)の男女別平均身長と体重はどのくらい?

遊ぶ子供

5歳8ヶ月の男の子の平均身長は111.1㎝、低身長とされる-2SDは101.8㎝となっています。また平均体重は19.3kg、標準偏差は3.0kgです。

5歳8ヶ月の女の子の平均身長は110.6㎝、低身長とされる-2SDは101.6㎝となっています。また平均体重は18.6kg、標準偏差は2.7kgです。

成長曲線から何かが疑われる場合、早期治療を行うことで同じ年齢の子とほぼ変わらない成長状態に導くことができます。不安があれば専門の医療機関に相談してみてください。

5歳(9ヶ月)の男女別平均身長と体重はどのくらい?

遊ぶ子供

5歳9ヶ月の男の子の平均身長は111.6㎝、低身長とされる-2SDは102.3㎝となっています。また平均体重は19.6kg、標準偏差は3.0kgです。

5歳9ヶ月の女の子の平均身長は111.6㎝、低身長とされる-2SDは102.0㎝となっています。また平均体重は18.7kg、標準偏差は2.8kgです。

適正に成長と遂げているのか、それとも何か異常が疑われるのか、それが成長曲線から判断できるようになっています。成長曲線は早期発見・早期治療に役立つ指針の一つなのです。

成長の過程で気になることがあるときは専門の医師に相談しましょう。

5歳(10ヶ月)の男女別平均身長と体重はどのくらい?

食事する子供

5歳10か月の男の子の平均身長は112.2㎝、低身長とされる-2SDは102.8㎝となっています。また平均体重は19.8kg、標準偏差は3.1kgです。

5歳10か月の女の子の平均身長は111.6㎝、低身長とされる-2SDは102.5㎝となっています。また平均体重は19.0kg、標準偏差は2.8kgです。

成長曲線の適正内で成長をしていないからといって、必ずしも低身長だったり低体重だと決まるわけではありません。早期発見することで何かしらの異常があった時に対処できるため、今成長曲線が多く活用されています。

5歳(11ヶ月)の男女別平均身長と体重はどのくらい?

勉強する子供

5歳11ヶ月の男の子の平均身長は112.7㎝、低身長とされる-2Dは103.3㎝となっています。また平均体重は20.1kg、標準偏差は3.1kgです。

5歳11ヶ月の女の子の平均身長は112.2㎝、低身長とされる-2SDは103.0㎝となっています。また平均体重は19.3kg、標準偏差は2.9kgです。

小柄な子の両親は小柄だったり、大柄な子の両親は大きかったりすることは多々あります。ただ、病気が原因となっているケースもあるため、成長曲線を用いて早期発見ができるようにしています。

5歳の平均身長と体重の一覧表

5歳の時どこに気を付ければいい?

夫婦

成長が著しい5歳児。周りの子ができているのにうちの子はできない…そんな焦りも出てくる時でもあります。しかしながら、周りの子ができているからといって我が子にも同じことをしてもらいたいがために執拗に子供に促すことは必要ありません。

数や文字を覚えること、子供の考えが間違っている時、子供同士のトラブルなども、すぐに出ていかず見守るということも大切です。

5歳という年齢の子供たちは、自分たちで考えて行動をしたり人とのかかわりを身に着けていくときです。ですので、子供が考えていることを認めてあげる、大人も子供と一緒に集団の中でのルールを重んじるようにしましょう。

子供の考えを否定したり頭ごなしに起こらない

落ちこむ子供

ある程度自分の意見や気持ちを伝えることができるようになる5歳児。言葉でのやりとりができるようになって意思疎通もスムーズになってきます。子供は子供なりに考え行動しているわけであって、その理由をわからないまま子供の考えを否定することはしてはいけません。

まずはなぜそのように考え行動したのか子供に聞き、子供の考えを受け止める、そのうえで「○○という方法もある」など子供がさらに自分で考え行動できるよう導いてあげることが大切です。

文字や数字に興味がないからといって無理強いしない

メモする女性

5歳くらいになると、上に兄姉がいる場合や興味のある子は文字や数字を覚えたり、簡単なものなら書ける子も出てきます。覚えるタイミングだったり興味を持つときというのは子供によって大きく異なります。

小学校にあがれば文字や数字を書く覚えるという作業は必ず行われるわけです。無理やり覚えさせようとすると子供も抵抗を感じますので、毎日の生活の中で興味が出てくるような工夫をしてあげるといいでしょう。

危険がない時は見守るのも親の我慢も必要

サラリーマン

保育園や幼稚園などで子供同士トラブルになることも少なくありません。伝えたりすることができるようになってきたとはいえまだまだ子供です。トラブルや問題を一つ一つ乗り越え、子供たちはさらに成長をしていきます。

子供同士のトラブルでも子供なりに考え対処できるものも多く、親がすぐに間に入って仲裁をせず、ポイントを見極め子供が解決できるように導いてあげましょう。そのように人との接し方、集団の中でのルールなどを覚えていきます。

テレビやスマホは便利だけど注意が必要

ビックリマーク

子供に教えていなくても、スマホを与えると上手に使えることがほとんどです。テレビやDVD、スマホなどちょっとやりたいことがあるような時に子供に渡しておけば便利です。

しかしながら、現代の子供はスマホやゲーム機などに依存しているケースが多く、人と触れ合ったり外に出て遊ぶ機会が少なくなっているのも事実です。与えてはいけないということではありませんが、時間を決めてそれを守らせることも大切です。

うちの子に限って…はおススメできない

親や先生の前だけではいい子、また集団の中で座っていなくてはいけない時に座っていられない、静かにしなくてはいけない時に静かにできないなど、5歳くらいになるとちょっとずつ周囲との違いが感じられるようになります。

「まさかうちの子に限って」とどの親御さんもそう思うはずです。ですが、子供の成長から目をそらしてはいけないのです。適切に対処してあげることが、親の務めでもあるのです。

反抗期だってある

子供

5歳にもなると、あまり手がかからなくなってくる部分も出てきます。第一段階での子離れ親離れといえる時期でもありますが、実際には口も達者になってきますから、今までとは違うイラつきを覚えることも多くなってきます。

保育園や幼稚園で頑張っている、また集団の生活の中で我慢をしていることもあるため、家に帰ってそれがストレスとなっていて反抗してくることもあるでしょう。

どうやって子供に接したらいいのかと悩む親御さんも多いのですが、いけないからといって全否定してはいけません。かといって、反抗期だと思っていた行動が発達障害の可能性を秘めていることもあります。

発達障害かどうかというのはすぐに診断が下るわけではなく、長きにわたって診察することで判断が下るものです。親としては認めたくない、受け入れられない、ただ単に反抗期なだけと思いたい気持ちもわかります。しかしながら、子供を日常見ている先生などから指摘を受けた場合、早い段階で専門の機関を訪れることが大切です。

5歳児に対してはどういったことに気を付けるべき?

先生

心も体もしっかりしてきて、自分で考えて行動できるようになってくる5歳児。成長を見守りながら接していくことが大切な時期でもありますが、5歳児の子供にはどのような点を気にしながら接していけばいいのでしょうか。

いくつかポイントを押さえておくことで、子供の成長をサポートしてあげることができます。親として何ができるのか、どういった対応が大切なのかいくつかご紹介していきましょう。

できたことはたくさん褒めよう

親子で勉強

自分で考えてできることが増えてくる年齢です。一通り自分の身の回りのことはできるようになりますので、あまり褒めるという機会が少なくなってきます。

集団生活やお手伝いをする中で、できたことやってくれたことへのお礼などを大人もしっかりと伝えていきましょう。褒める、お礼を言うということで自分が認められたと思えるため、自己肯定感が高まります。

危険な行動にはもちろん気を付ける

お友達に危害を加える、自身に危険が及ぶような行動については即注意することは大切です。しかしながら、5歳にもなるといけないことなのか、危ないことなのかを考え行動できるところも増えてきます。

ですので、すぐに大人が入るのではなく、見守り自分たちで解決できるよう導いてあげることが大切です。干渉しすぎず見守ることが5歳児を持つ親の試練かもしれません。

5歳児が興味を示す遊びって?

車で遊ぶ子供

体つきもしっかりしてきて、いろいろな遊びができるようになってきます。室内での遊び、屋外での遊び、子供を刺激してくれることは山ほどありますが、5歳児におすすめの遊びにはどのようなものがあるのでしょうか。

集団の遊び、個人的な遊びも含め、5歳児におススメの遊びをいくつかご紹介していきますので、ぜひ日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

こんな室内遊びなら天気が悪くても楽しめる

本を読む親子

雨が降って外で遊べない時、またその時の気分で室内遊びをする時は、簡単なルールがあるような遊びがお勧めです。

もっとも簡単なのがしりとりです。しりとりなら親も交えてできます。また、一つのお題を出してそれから連想できるもの言っていく連想ゲームもおススメです。さらにみんなでできるブロックを使った遊びや、お絵描きなども室内遊びにとても適しています。

おままごとも室内遊びの定番ですが、お店やさんごっこは物を売る、お金を使って買うというやりとりができるため、社会体験が気軽にできるのでおススメです。おりがみや絵本など一人でできる室内遊びも集中力を高めてくれるので、ぜひ取り入れてみるといいでしょう。

大人も子供も混ざってやれる外遊びがおススメ

滑り台と子供

外での遊びは集団でルールを守らなくてはいけないものがお勧めです。子供でもルールがわかりやすいかくれんぼ、鬼ごっこなどは定番ですし、近年は大根抜きやハンカチ落としなども保育園や幼稚園での定番の遊びの一つとなってきています。

また、ボールを使った遊びも5歳くらいから上手にできるようになります。得意不得意、苦手な子も出てきますが、ドッヂボールやサッカーならできます。

砂場で物を使い協力して一つのものを作っていく、また鉄棒やうんてい、ぶらんこなどもいいでしょう。鉄棒やうんてい、ブランコはある程度の時間や回数で交代して順番で使っていくという、自分以外の人のことを考えることができる遊びです。

5歳児に人気のある習い事ってなにがある?

水泳

5歳児に人気のある習いごとの一つに「水泳」があります。全身運動が行えること、脳の働きも活発になるというメリットが多いスポーツの一つとなっています。今は泳げない子供も増えてきていますので、水泳の人気はさらに高まっています。

次いで多いのが体操や新体操などのスポーツです。身体能力が上がる上に協調性も身につくという特徴を持っていて、外で思いっきり体を動かして遊ぶという機会が減ってきている現代っ子におススメの習い事の一つです。

また、ピアノや英会話といった習い事も早い段階から始めている子供もたくさんいます。脳科学的な観点からピアノはいいと言われていますし、日本もグローバル化が進んでいることもあって英語が話せて損をすることはまずありません。

5歳児を持つ親はみんな同じような気持ち

スマホを触る女性

「保育園に行くようになってから言葉と体の成長をかなり感じるようになっていますが、反抗期というか駄々をこねるようなことも増えてきました。見守るということも大切だと思っているのですが、やはりこちらも人間なのでイライラしてしまうことも多々…。我が子とはいえ、一人の人間であって個性もあるので、尊重しながら今子供と向き合っています。」

「子供の身長の伸び率が低く、低身長を心配していました。背が低いなりに成長をしていってくれているので、今の段階では成長を見守っています。医師からも特段指導や治療を行いましょうと言われてはいないので、緩やかながら子供の成長を楽しみにしながら大きくなってくれることを願っています。」

5歳児が一日に必要な栄養とバランスを知ろう

グラフと医者

1から5歳児までは量よりも栄養バランスの方が大切だと言われているくらい、1日に必要な栄養を摂ることは身体的な部分、神経系の部分に対してとても重要です。

大人の半分くらいの量が目安とされていますが、それよりも少ない量しか食べられない子も少なくありません。体を作るもと、エネルギーのもと、体の調子を整えるもの、この3つのポイントを押さえて栄養たっぷりな献立を考えてあげましょう。

食べ物の好みがはっきりしてくるのが5歳児

食べるのを嫌がる女の子

好きな食べ物、苦手な食べ物がだいたいはっきりしてくる年齢でもあるのが5歳児です。特に野菜が苦手な子が増えてくるときなので、野菜をどうやって食べてもらうかを考えていきましょう。

保育園などで出るメニューを参考にして同じものを作れば家でも食べてくれることも多いですし、野菜は身体の調子を整えるもとになるので、なるべくたくさん食卓にのせてあげましょう。

時間があるときは一緒に食事の用意をさせてあげましょう。一緒に調理をする、自分で作ったものは苦手なものでも食べられるようになることも少なくありません。生、茹でる、煮る、和えるなど野菜はいろいろなパターンで調理ができる万能食材です。

栄養バランスといっても何をどのくらい食べさせたらいいの?

悩む女性

5歳児の理想の食事は1回で8品目の食材を使うこと。食べてくれないからといって食卓にのせないともっと食べられなくなってしまいます。かといって野菜ジュースは栄養の吸収率が良くないので、野菜が嫌いだからといってジュースでの代用はおススメしません。

体を作るもとである肉や魚、たまご、エネルギーの元になるお米やパン、イモ類、体の調子を整える野菜や果物、キノコ類を上手に取り入れたメニューを考えてあげましょう。

何をどれくらい食べたらいいのかについては、農林水産省から「食事バランスガイド」というものが出されています。イラストでわかりやすく表示されていますので、ぜひこちらも参考にしてみるといいでしょう。

5歳児も一日の食事回数に決まりはある?

スマホと女性

大人もそうですが、子供も食べたくない時というのはあります。その時の気分だったり、出されたものを見ていらないということもあるでしょう。5歳児の食事の回数は、これから大きくなる基礎部分にもなるため朝と昼、そして夜の3食を目指します。

特に朝はいろいろなものを出されても食べない、また食べる量が少ないときもあります。そんな時は無理強いせずにヨーグルトやフルーツ、パンやおにぎりなど子供が食べられるものをチョイスしてあげるといいでしょう。

子供の好きなものを1品は出すようにする、朝食べられなかったら夜はしっかりと栄養が摂れるメニューを出すなど、栄養面を考えてあげることが大切です。

5歳児は1日1250~1300kcalが必要

ビジネスウーマン

厚生労働省の2015年度の食事摂取基準によると5歳児に推奨される摂取エネルギーは男の子なら1300キロカロリー、女の子なら1250キロカロリーとなっています(1日あたり)。

ちなみに成人女性が1800~2000キロカロリーとなっているので、意外に5歳児の摂取エネルギーは多いということがわかります。体を作る上でとても重要になる時期でもあることから、たくさんのエネルギーが必要となるわけです。

ただ、大人の3分の2程度のエネルギーが必要だからといって、量も3分の2食べられるかといえばそうではありません。少ない量でもしっかりと栄養が摂れるように、子供のうちは特に3食しっかりと食べることを習慣にしてあげることが大切です。

また、おやつの時間も上手に活用していきましょう。おやつ=お菓子ではありません。3食では補いきれない栄養を摂るのがおやつの時間なので、朝とお昼で不足しているエネルギーや栄養が補えるものをあたえましょう。

5歳児でもだいたい大人の半分くらいの量を食べることも

ご飯を食べる女の子

食べても大人の半分くらいの量が5歳児の食事量です。ですが、栄養は大人の3分の2を必要としています。

もちろん食事の量は個人差があるので一概には言えませんが、大人の半分くらいの量、もしくはそれよりも多く食べられていれば問題はありません。

食事の量が少ない子は、おやつの時間に補えないエネルギーを補えるものを出してあげれば、一日の摂取エネルギーのバランスはしっかりと摂れるようになります。逆に大人の3分の2程度食べる子については、あまり高カロリー、高エネルギーなおやつはおススメできません。

幼児向けの食事バランスガイドを活用しよう

グラフ

今はお母さんも仕事を持つ時代です。仕事から帰って家のことをやって食事を作る、これはとても大変なことで、バランスの取れたメニューを毎回考えるとなると、親の方がどうにかなってしまいそうになります。

毎日の栄養摂取量を計算するのは大変ですから、おすすめなのが東京都が作成している幼児向けの食事バランスガイドです。

一日に何をどのくらい食べたらいいのかがイラストで紹介されていて、パッと見ただけで簡単に理解できます。5つのグループに分かれていて、そのグループに入っているものを1品ずつ取り入れればバランスのいい食事をおのずと取り入れることができるようになっています。

5歳児が1日にとりたい食品の分類と目安は給食が最適

工場

5歳児が一日に摂りたい目安の量だったり食品というのは、保育園などで出されている給食が理想です。給食には主食、主菜、副菜、牛乳などの乳製品、果物という5つのグループが入っているからです。

給食では一日に必要な3分の1のエネルギーが摂れるように栄養士の方が献立を考えてくれているため、とても参考になるので、給食の献立表は捨てずに参考に取っておくことをお勧めします。

「主食」は1日にどのくらい食べたらいいの?

ごまぱん

食事バランスガイドによると、5歳児の主食(ごはん、パン、麺)が3つ分です。ごはんは子供用のおちゃわんだったら3から4杯程度を一日のうちで摂らなくてはいけない主食の量になります。パンだったら食パン1枚、ロールパンなら2個が主食1つ分として数えます。

ただ、スパゲッティやうどんのような麺は1杯でも主食2つ分として数えるのでその点は気を付けなくてはいけません。たとえば、朝食だったら主食のみで考えると食パン1枚、おにぎり1個、ロールパン2個などが一回分の食事の中で摂るべき主食の量となるわけです。

主食はそのままアレンジなくても主菜や副菜があれば添えて食べられるので、朝はパン、お昼は麺類、夜はごはんなどある程度パターン化してあってもいいかもしれません。

朝から主食をしっかりと食べられる子ばかりではないので、主食が進みやすいように、添えてあげる主菜や副菜は子供の好きなものにしてあげましょう。ヨーグルトだったりフルーツなら朝から子供も食べやすい食材ですし、具沢山のお汁におにぎりだけでも朝は十分かもしれません。

副菜1日にどのくらい食べるのがベスト?

野菜

一日に必要な副菜の量は4つ分。1つ分として数えるのはトマトならカットしたものが3つ、ホウレンソウのおひたし、かぼちゃの煮物3つきんぴらごぼう、切り干し大根の煮物、ふかし芋3分の2、ひじき飲み物、茹でたトウモロコシ1本程度です。

ちなみに副菜に入るのは野菜やキノコ、イモや海藻類です。コロッケは1つで副菜2つ分として数えます。副菜は主食や主菜の添え物のような役割を担っていますので、野菜やキノコ類、イモ類や海藻類を使った料理を1日の中で4皿程度を目安に子供に食べさせましょう。

副菜は、具沢山のお味噌汁も含まれます。なので、食卓にお味噌汁と煮物などを同時に作った場合は副菜を2つとして数えます。副菜の定番となっているのは上記したようなかぼちゃの煮物、ひじきや切り干し大根の煮物、生野菜を使ったサラダ、枝豆、おひたしなどです。

おひたしや生野菜サラダは作る側も簡単ではありますが、野菜に苦手意識のある子供はやや食べにくい傾向にありますので、そのようなときはごま和えにしてみたり、温野菜にしてみるといいでしょう。

副菜は食卓に上る回数が少なくなってしまうので、時間のあるときに作り置きをしておいて、朝の忙しい時間にさっと出せるようにしておくといいかもしれません。

主菜は一日にどのくらいが目安になる?

チキン

5歳児が一日に必要な主菜は3つ分。つまり、朝と昼と夜ごはんに1つ分ずつ出せば一日に必要な主菜はクリアできます。主菜として数えるのは肉や魚、卵、大豆料理が入ります。

1つ分として数えるのは炒めたウインナー2本、目玉焼き1個、冷ややっこ1人前、納豆1パックです。主菜2つ分として数えるのはおさしみ、焼き魚、煮魚、魚のフライ、3つ分として数えるのは鶏肉のからあげ、豚肉の生姜焼き、ハンバーグです。

つまり、主菜として多く食卓にのぼる鶏肉の唐揚げやハンバーグというのは、1回で一日分の主菜の量が摂れてしまうので、夜にこのような献立を出す際は、朝や昼は主菜を抜くということになるわけです。

主菜を一日に3つ分を目安に摂るのであれば、朝は炒めたウインナー、昼は主菜はなし、夜は焼き魚や煮魚、魚のフライなどを出すといいでしょう。

どうしても主菜の量というのは他の分類に比べると出しやすく、また子供が好きなものが多いのも事実です。もちろん3つ程度なので多少多くなってもいいとは思いますが、それが毎日続いたり、ご飯を食べてほしいからといって主菜を多く出すことがないように気を付けなくてはいけません。

牛乳や乳製品は一日にどのくらい挙げても大丈夫?

牛乳

一日のうち牛乳や乳製品は2つ分必要となります。牛乳にすると200㏄のビンで1本程度、2つ分ということは牛乳なら一日で1ビンを2回に分けて飲むくらいの量になります。1つ分として数えるのは、ヨーグルトなら1つ、スライスチーズ1枚、コップ半分の牛乳です。

保育園などでも牛乳1本が出ることもありますので、乳製品はそれだけで十分足りるということになるわけですが、朝にヨーグルトを出したりするご家庭も多いのではないでしょうか。そのような時は乳製品の摂りすぎを気にせず、子供が食べられるものを朝は出すというスタンスでかまいません。

バランスのいい栄養を考えられている献立というのは給食が見本となるので、給食にはどのような形で乳製品が登場しているのかチェックしてみるといいでしょう。

牛乳が苦手な子も近年は多いのですが、給食などがある場合は牛乳は必ずといっていいほど出ますので、1本飲んできているのであれば自宅の食事でわざわざ乳製品を取り入れることはありません。休日には牛乳に代用できるヨーグルトやチーズなどを使った献立を考えてあげればいいのです。

果物は一日にどのくらいあげても大丈夫?

フルーツ

果物も一日のうちに必要な分量の目安があります。一日に必要な果物の量は1から2つ。1つ分として数えるのはみかんなら1個、りんごなら半分、なしも半分、ブドウなら半ふさ、バナナ1本、いちごなら6個程度です。

ミカン1から2個くらいが一日の目安になりますので、これも乳製品同様、子供が好きだからといってあまり与えすぎず、目安量を基準にして食卓にのせるといいでしょう。

果物は子供も大好きですので、比較的食卓にのぼりやすい食材の一つとなっています。しかしながら、多く与えてしまうのはよくないので、目安としてはみかん2つくらいなわけですから、朝と夜に果物を出すようなイメージでいいかもしれません。

そのまま食べられるのが嬉しい果物ですが、同じくらいの量を取らなくてはいけない乳製品であるヨーグルトに果物を入れて出すのもいいでしょう。一日にどのくらい何を食べているのか、夜の食事が終わった時点で食事バランスガイドを参考にして数えてみてください。

常日頃何が多くて何が少ないのか、食事に偏りがないかどうかが食事バランスガイドから知ることができます。

カルシウム不足が取り沙汰されている

医者

成長期である子供は骨の成長が活発であることからも、特にカルシウムの摂取量に日本でも注目しています。またカルシウムは骨や歯を作るだけではなく筋肉の収縮を促したり神経を安定させてくれる働きもになっています。

丈夫な骨や歯を作るためには、もちろんカルシウムだけではなくバランスの良い食事に運動が必要不可欠なわけですが、特にカルシウムはしっかりと摂っていきたい栄養素の一つとなっています。

カルシウムは効率よく吸収できるようにしてあげることが大切なのですが、カルシウムのみならず何か一つでも過剰に摂取している状態だと、バランスよく栄養を吸収することができなくなってしまいます。なのでバランスよく食べるということが大切になってくるわけです。

カルシウムは牛乳やチーズ、ヨーグルトといった乳製品をはじめ、骨ごと食べられる小魚だったり納豆、豆腐などの大豆製品野菜や海藻類にも含まれています。

つまり、食事バランスガイドを参考にすると、副菜をしっかりと摂ること、主菜にはお肉ではなく魚を取り入れるということがカルシウムを含めバランスよく栄養を取り入れることができる献立となります。

5歳児がおいしく食べられる和食は?

食べる女の子

野菜が苦手、魚が苦手という子供が増えてきているのは食が欧米化してきていることが原因です。もちろんお魚が苦手ならお肉や大豆製品で代用ということもできますが、カルシウムなどが豊富に含まれている魚は成長期である5歳児には食べてもらいたい食材の一つでもあります。

和食はバランスよくいろいろな食材を取り入れて作られているため、栄養をしっかりと補っていくことができるので、できれば和食を中心として食事を作ってあげるといいでしょう。

たとえば、ごはんに具沢山のお味噌汁、肉じゃがは主菜となりますので、副菜にはおひたし、そこに果物をプラスしてあげればバランスがかなりとれた献立になります。

また、カルシウム不足が取り沙汰されている今、主菜には焼き魚や煮魚、魚のフライなどを取り入れてもいいでしょう。魚が苦手な子供でもフライにすると食べられるということも少なくありません。タルタルソースや生野菜、トマトなどを添え、お味噌汁にご飯があれば十分です。

サバの味噌煮、カレイの煮つけなども子供が食べやすい魚料理です。魚の煮つけ、ホウレンソウや小松菜、チンゲンサイなどの青野菜と油揚げ、なすなどを使った煮びたし、トン汁にわかめご飯もおススメの献立です。

やっぱり子供も洋食は大好き

食事する子供

和食と比べて、洋食というのは栄養が偏りやすく、主食や主菜が多くなってしまうことが多い傾向にあります。ですので、洋食メニューを子供に食べさせる場合は、意識をして副菜をプラスしてあげるようにしましょう。

子供が大好きなグラタンがあります。グラタンにはマカロニやイモ類などを入れ主食はクリア、お肉やウインナーを入れれば主菜もクリア、野菜は玉ねぎやブロッコリー、にんじんが定番ではないかと思いますが、これだけでは足りないので、子供でも食べやすい生トマトを添える、スティックサラダをプラスする、生野菜が食べられる子はグリーンサラダなどをつけます。生野菜が苦手な子は温野菜にしてあげるといいかもしれません。

また洋食の定番スパゲッティも、1つで主食がかなり多めになってしまうので副菜をしっかりとつけるようにしましょう。パスタの場合、茹でたブロッコリーやカリフラワー、トマト、などを添えてあげると色どりもキレイですし、ワンプレートにできるので後片付けも楽ちんです。そこに旬の果物をプラスすれば完璧です。

オムライスなども主食と主菜を一度に摂れる献立なので人気ですが、やはり副菜が少ないので、野菜を使った副菜をプラスしてあげましょう。

子供が食べてくれない時はどうしたらいいの?

悩む子供

大人だって食事があまり進まない時があるように子供だって食事が進まないことだってあります。ですが、子供にとって食事は大切な栄養源であり、成長期である5歳児にはしっかりと食べてもらいたいものです。

一回くらい食事が進まなかったからといってあまり気にする必要はありませんが、子供のお箸が進まない時はどうやったら子供が少しでも食事に手を付けてくれるようになるのでしょうか。

大人も一緒に子供と食事を

家族で食事

今は両親が働いている家庭が多く、子供に向き合ってあげないといけないと思いつつ、時間に追われてしまってなかなか子供とゆっくりと食事ができないという方も多いのではないでしょうか。

確かに食事もそうそうに切り上げてやらなくてはいけないことを片付けてしまいたい気持ちもわかりますが、せいぜい食事はゆっくりとっても30分あれば十分食べられます。30分、子供とゆっくりと食事をする時間を作りましょう。

親をみて子供も育ちます。親がおいしく楽しくご飯を食べていれば子供も食べてくれるようになるものです。

量が多いと子供は食べる気をなくしてしまうことも

お手上げの子供

子供に適した食事の量を出せていますか?保育園の給食の量を見たことがある方は思い出してみてください。量が少なく感じた方も多いのではないでしょうか。

実は子供は見た目で食べたい、食べたくないと一瞬のうちに判断してしまうことが多い傾向にあります。なのでどんなにおいしいものでも多くては「食べきれない」という思いが出て食事が進まないことがあるのです。

子供には全部食べられたという達成感を味わってもらうことも大切なので、子供が食べきれる量を盛り付けてあげましょう。

おやつはあげすぎてはだめ

お菓子作り

おやつも大切な栄養補給の時間です。だからといっておやつを多く与えていませんか?

おやつというのは大人がイメージするスナック菓子だったりケーキなどではなく、果物や昼や朝に補えなかった栄養を補うために果物だったりヨーグルトやゼリーなどがおススメです。

さっと食べられるお菓子は子供も大好きですが、カロリーも高いですし、食べようと思ったら一袋食べられてしまうこともあります。夜ご飯まで数時間しかありません。間食は少なめに、お皿に盛って一回分の量を決めてからあげましょう。

お菓子もおやつの一つ

バナナ

食事がなかなか進まない時ももちろんありますから、そんな時は無理やり食事を食べさせようとするのではなく、おやつの時間に足りない分を補うことができるように工夫してあげればいいのです。

おやつの時間には蒸しパンやサツマイモを蒸かしたもの、果物をいれたヨーグルトなどおやつの時間を上手に利用していきましょう。保育園などのおやつの時間に出されるメニューを参考にしてみると、レパートリーも増えるのでおススメです。

大人にも子供にも個人差や個性があります

不満げな女の子

食事の量というのは、子供に個性があるのと同じでかなり個人差があります。たくさん食べる子もいれば、小食な子ももちろんいます。

なので、食べる量が少ない、食事が進まない時が多いからといって深刻になる必要はありません。子供だってお腹がすけばちゃんと食べます。

大人だって食べたいときと食べたくない時があります。でもお腹がすけば人それぞれ食べる量は違ってもおいしく食べられます。子供だからといって過剰に心配することはありません。

食事のコントロールは小さいうちから

医者

日本においては厚生労働省や農林水産省でも5歳児の食育が重要であるとうたっています。食べるということは楽しいこと、食事をたくさんの仲間や家族と一緒に食べることで成長をしていくことができるからです。

また、近年は食の欧米化などが進み、栄養のバランスが乱れ肥満だったり低体重の子供が増えてきているのも事実です。成長期である子供の成長を促すため、大人になった時に健康な体を維持するために5歳児の食育はかなり重要であると位置づけています。

家族そろって食卓を囲む習慣をつけよう

家族の食事

家族そろって食事ができるのは週末だけ…というご家庭も多いのではないでしょうか。仕事に家事に、育児にと時間に追われているお母さん、仕事で帰りが遅いお父さん。

確かに家族そろって食べる機会というのは少ないかもしれませんが、厚生労働省では家族そろってご飯を食べる大切さを訴えています。もちろん全員が揃って食べられることに越したことはありませんが、子供だけで食事を摂ることがないようにしましょう。

30分でかまいません、一緒に食卓にすわってご飯を食べる時間を作ってください。何も語らなくても、一緒に家族そろってご飯を食べるということが子供の食事に大きな影響を与えます。

食事がおいしいと子供が思える環境を作ってあげる

オッケーをする女性

食事がおいしければお箸も進むのは大人も子供も一緒です。栄養も大切ですから、バランスよくいろいろなものを食べてもらいたいというのが親心ですが、たとえば食事が楽しいと思えていなければ、どんなにおいしいものでもお箸の進みは悪くなります。

一人で食べるおいしい食事よりも、平凡な献立だってみんなで食べたほうがおいしいのは言うまでもありません。食事の楽しさというのは一人ではなく、複数で一緒に食べるから味わえるものではないでしょうか。

食事って楽しいんだということを子供に第一に教えてあげる、楽しければどんな食事でもおいしく食べられるということを学ばせてあげてください。

身長サプリや子供用サプリって使ってもいい?

サプリ

周りの子に比べて子供の身長が小さい、小柄、体重が少ない、また食事の量が少ないなど我が子に対して心配になることはたくさんあります。周りの子よりも小柄でも緩やかながらでも成長していれば、特段問題はないことが多いのです。

身長サプリや子供の成長を助けてくれるサプリメントなど、取り入れることを検討されているご家庭もあるのではないかと思いますが、確かにこれらのサプリメントは不足している栄養を補給するといった意味では役に立つかもしれません。

ただ、サプリメントは薬ではなく栄養補助食品です。つまり、食事で補えない栄養を補うためのものなので、食事で栄養を摂るということが基本です。

子供向けの健康食品で補うのもアリ

サプリ

どうしても子供の成長で気になることがあったら、専門の機関に相談することをまずはお勧めします。そこでしかるべき対応をしてもらったうえで、それでも心配になるようであれば幼児向けの健康食品を試してみるのもいいかもしれません。

もちろんこれらを活用する際は、医師に相談をしたうえで利用してください。また、健康食品というのは、その名の通り食品であって医薬品ではありません。薬のように必ず効果が出るものというわけではなく、個人差があります。良かったという方もいれば効果がなかったという方もいます。

健康食品なので、基本は食事から栄養を摂ることができるようにするのはもちろんですが、子供は大人と違って気分で食事を食べなかったりすることもあります。

そんな時には健康食品を上手に取り入れて栄養を補ってあげればいいのでしょう。毎日与えるものではなく、栄養が足りていない時に与えるのが健康食品の活用法です。

いつまでたっても子供の心配は尽きない

したり顔の女の子

子供の成長は本当に個人差があります。保育園や幼稚園などでは健康診断などが行われていますし、毎日見ているからこそ先生方から何か心配なことがあればお話しがあるはずです。

身長や体重、発達の中で心配なことがあるのであれば、かかりつけ医もしくは専門の機関に相談をすることをお勧めします。ゆっくりでも成長曲線にそって成長をしていれば小さくても見守っていくという形をとることだってたくさんあります。

小さいからといって必ずしも低身長や低体重と決まるわけではないのです。専門の機関を受診することで、親である私たちも安心して過ごせるようになりますし、対処が早ければ万が一低体重や低身長でも、適正な状態に戻すことは十分に可能なのです。

まとめ

子供

5歳にもなると言葉でのコミュニケーションができるようになり、ある程度自分のこともできるようになります。保育園や幼稚園に通う子も増えてくる中で、同年代の子供と比較しやすい環境になってしまうのも事実です。

成長が早い子もいれば、成長が遅い子ももちろんいますし、男の子や女の子でも差が出てきます。親としては周りの子と少し違うところがあれば心配になったり不安になる気持ちが当然でてくるのですが、子供は成長が緩やかなりに大きくはなっていないでしょうか。

子供だって十人十色

兄弟や姉妹も、同じ親から生まれているのに性格や体格が違います。それと同じで、子供の成長というのはかなり個人差や個性が出てきます。

また保育園や幼稚園の先生方は多くの子供たちを見ています。専門の知識はもちろん専門家より多くはありませんが、発達や成長の過程で何かしら問題を抱えている可能性がある子供の特徴というのはある程度わかる部分があります。ですので、先生方に指摘を受けたような時は、専門の知識を持った医師のいる機関を受診することが大切です。

そのうえで子供の成長を促すためにしかるべき対応があれば日常生活に取り入れること、また特段問題がないと言われば、ゆっくり成長をしていく子だということを理解し、周りと比較しないことが大切です。

サプリ人気の身長サプリ
ランキング

  1. 1位のピン

    アスミール★★★★★

    アスミール

    全項目で高評価を獲得!専門家推奨の身長サプリ

    アスミールは品質、安全性、価格や口コミなど、総合的にバランスの取れた身長サプリです。カルシウムを含め成長に必要な栄養素を過不足なく配合。コスパもよく1日の価格はわずか118円で続けられるのも魅力的。現在はお試しモニター実施で500円で購入可能♪

  2. 2位のピン

    カラダアルファ★★★★

    カラダアルファ

    余計な添加物なし!手軽に飲める身長サプリ決定版

    10代の成長期に必要な栄養素が含まれた厳選素材を組み合わせたタブレット身長サプリの決定版。現在、最もランキング1位に近い商品です。アレルゲンフリーなのでどんなお子さんでも安心して続けれます。いろいろなサプリを試してきて続かなかった子供や、部活やスポーツで忙しい小中高生に愛用者が多いのが特徴。

  3. 3位のピン

    プラステンアップ★★★★

    プラステンアップ

    中高生に特化した身長サプリ!定期縛りなし&全額保証付き

    中高生に特化した身長サプリ!定期縛りなし&全額保証付き テキスト:プラステンアップは中高生に必要な栄養素をサポートする身長サプリです。品質、安全性、価格ともに3拍子揃った商品です。はじめての方でも試しやすいように定期縛りなし&全額保証付きのサービス対応。初回が80%OFFの1,980で試せるのも魅力的!