子供の成長豆知識

日本人の平均身長は何故低い?身長を高くするためにできること

サクラ

日本人というと、欧米人に比べると背が低いことが特徴です。しかし、そんな日本人も時代と共に平均身長や体重が変化していき、今では若い人の中には欧米人に引けを取らないほどのスタイルの持ち主が少なくありません。

とはいえ、やはり世界基準からすれば身長が低いのは相変わらずで、男女問わず低身長に悩んでいる人はたくさんいます。

特に、我が子の身長の低さを心配する親の気持ちは計り知れないものがあるのではないでしょうか。自分の身長が低い場合にはより一層心配になってしまうに違いありません。

大人になると自分の身長に対してコンプレックスを抱いてる方が多い

悩む

2005年に、立命館大学の学生110名に対して自分の身長についてのマーケティング調査を実施した報告があります。

「現在の自分の身長についてどう思いますか?」
(①高いと思う男女 ②低いと思う ③理想的 の 3 項目からの回答)
男女問わず「低いと思っている」人の数が圧倒的に多かった。
66%とこちらも 3 人に 2 人の割合であった。

その結果、「低いと思っている」と回答した人の割合は全体の66%、「理想的」と回答した人の割合は全体の19%、「高いと思っている」と回答した人の割合は全体の15%という内容でした。

また、実際の平均身長と理想の平均身長との比較では、男子の場合、前者が173.1センチであるのに対し後者は178.9センチと5~6センチもの差があることがわかりました。

一方の女子は、実際の平均身長が159.3センチのところ、理想は161.4センチと2センチ程度の差があることがわかりました。

この調査から、自分の身長にコンプレックスを抱いてる方は非常に多く、また、女子よりも男子の方がより多いということが伺えます。

特に男性は160cm以下の方は劣等感をもつ方が多い

落ちこむ子供

以上の意識調査は、対象が大学生であったことから平均身長もやや高めの結果が出ました。しかし、両親の年齢となると少々異なります。子供が低身長であることを悩んでいる両親に対して行った、身長に対する意識調査の報告があります。

この調査によれば、父親の自分の身長が170センチ以上の人は満足していますが、それ以下の人の満足度は20%にも達していないこともわかりました。

一方の母親は、自分の身長が150センチ以下の全員と150センチ代の40%が不満足であり、160センチ以上でも満足は60%だけと、母親の方が身長に対してシビアな考えを持っていることがわかりました。

また、 父親よりも母親の方がより子供の身長に敏感であることもわかっています。一方の子供は、親が思うほどには低身長が劣等感につながるとは考えていないようです。

しかし、低身長であったために嫌な思いをしたり困った経験があるということも分かっています。

親は、子供が低身長だと劣等感につながり、将来の結婚や職業選択に影響を及ぼすことを心配しています。親としては、女性なら150センチ以上、男性なら165センチ以上は子供の身長が伸びて欲しいと期待しています。

体重も改善したいと思っている方は増加している

夫婦

また、身長だけではなく体重に関しても改善したいと思っている人が増えています。よく取り上げられているものに女性の過度なダイエットがあります。

やはり男性は20代から、女性は10代後半からと女性の方が低年齢から体重を意識する人が増加します。

女性の場合はダイエットをし過ぎて痩せすぎが社会問題になる一方、食生活の乱れなどによる肥満やメタボにも十分な注意が必要であり、適切な体重とその管理が重要になってきます。

女性も肥満やメタボは多いのですが、前述のように女性の方がダイエットをよく実施することから、男性の方がよりその傾向が強くなります。適切な体重はBMIを用いると良いでしょう。

BMI18.5未満であれば低体重、18.5以上25未満なら普通、25以上なら肥満に分類され、22なら病気のリスクがもっとも少ない標準体重となります。

「健康日本21」において適正体重を維持している人の増加を掲げている

ビックリマーク

肥満やメタボは多いものの、厚生労働省の21世紀における国民健康づくり運動「健康日本21」によれば、適正体重を維持している人の数は増加していると発表しています。

児童生徒の食生活等実態調査報告書」によると、気をつけて1日3食と取るようにしている小学5年生は平成17年の調査報告よりも5%弱増加しているとあり、食生活の改善が適正体重の維持につながっていることが伺えます。

また、子供の肥満が将来の生活習慣病に直結しやすいことから、性別や年齢、身長ごとの標準体重から肥満の度合いを4段階に区分することとし、これをもとに肥満の割合の目標を出しています。

ただし、現時点では割合の傾向が安定しないので予測は難しく、肥満児が減少傾向に向かうことを目標に掲げています。

厚生労働省の調査から見る大人の平均身長と体重

身長・体重

次に、厚生労働省が実施した身体状況調査の結果から、日本の大人の平均身長と平均体重それぞれの一覧表を見てみましょう。年齢別の身長・体重の平均値と標準偏差値が算出されています。

この調査結果から、大人になってからでも身長が伸びるのかを検討してみます。低身長のお子さんを抱えるご両親としてみれば、どんなことをしても身長は伸びないものなのか、何か方法はないものかと心配になっていることでしょう。

平均身長と体重は厚生労働省の「身体状況調査」を参考にしています。

大人の平均身長一覧表

まずは平均身長を確認してみましょう。

男性の平均身長

20歳 173.2cm
21歳 170.7cm
22歳 170.7cm
23歳 172.9cm
24歳 171.3cm
25歳 170.9cm
26歳~29歳 171.7cm
30歳~39歳 172.0cm

女性の平均身長

20歳 156.4cm
21歳 156.6cm
22歳 158.1cm
23歳 156.1cm
24歳 159.5cm
25歳 160.4cm
26歳~29歳 159.0cm
30歳~39歳 158.2cm

大人の平均体重一覧表

大人の平均体重を確認してみましょう。

男性の平均体重

20歳 64.6kg
21歳 68.5kg
22歳 66.1kg
23歳 71.3kg
24歳 64.1kg
25歳 61.1kg
26歳~29歳 70.3kg
30歳~39歳 71.2kg

女性の平均体重

20歳 50.0kg
21歳 50.2kg
22歳 51.0kg
23歳 52.5kg
24歳 51.5kg
25歳 53.1kg
26歳~29歳 53.1kg
30歳~39歳 52.0kg

大人からでも身長は伸びるのか?

低身長

では、大人になってからでも身長を伸ばすことはできるのでしょうか。産まれてから成長期を過ぎるまでには、健康であればぐんぐん身長が伸びていき、時には成長痛といって膝に痛みを生じる子供もいるほどです。

しかし、この期間を過ぎる、普通であれば伸びは鈍化していくはずです。1年で1センチ程度の伸びしか見られなくなると、身長の伸びる時期は過ぎ去ってしまったといって良いでしょう。

大人になってから身長が伸びることはあり得ないといって良いのです。

平均身長を見ても大人になって急激に身長が伸びる人はいない

グラフ

厚生労働省により実施された身体状況調査結果の年齢別平均身長を見ると、やはり男女とも急激に身長が伸びるのは成長期といわれる時期のみであることがわかります。

女子であれば13歳~14歳頃まで、男子であれば18歳~19歳頃までにどんどん身長は伸びていきます。1年間で8センチも9センチも伸びるのが成長期といわれる時期で、人生でもっとも身長が伸びる時期です。

そして、成長期を過ぎてしまうと、調査結果からは残念ながら急激に伸びる可能性はほとんどありません。20代であっても年齢を追うと逆に低くなってしまっている時もあるほどで、驚くことに成長期にもこのような傾向は見られます。

その後、男性は40代以降、女性は30代以降に少しずつ身長が低くなっていきやがて老齢期を迎えることとなるのです。

とはいえ、中には20歳過ぎでもまだ身長が伸び続けているという人がいるものです。といっても、やはりせいぜい1年に1センチ程度というのが相場です。

1センチ程度であれば誤差の範囲内ということもできますし、朝と夜とでも身長は変わってしまうものです。

身長が伸びる可能性はないのか?

なぜ

しかし、本当に成長期を過ぎてしまえば身長が伸びる可能性はまったくないのでしょうか。お母さんにしてみれば、思うように身長が伸びなかったお子さんに対して、何とか今からでも高くする方法はないものかと藁をもすがる思いになることでしょう。

そこで、ちょっと意外ともいえる方法まで検証してみました。あまり現実的とはいえないかもしれませんが、医学が日々進歩している世の中では、今後、もっと良い方法が見つかる可能性もあるでしょう。

宇宙に行けば身長が伸びる

笑顔の男の子

例えば、宇宙に行くと身長が7センチも伸びたという話があります。確かに、宇宙では地球のような重力がまったくないのですから、重りがはずされたかのように背骨が伸びるというのも納得がいくのではないでしょうか。

ほとんどの宇宙飛行士は、宇宙に滞在していた時にはだいたい1~2センチほどは身長が伸びたのだといいます。この現象は、重力がないことから背骨にある椎間板が伸びて起こると推測されています。

椎間板一つ一つはわずか1ミリという範囲内での伸びですが、合計すれば1~2センチは身長が高くなるのです。

また、普段はS字状にカーブしている背骨がまっすぐにすることで身長が伸びるとも推測されています。しかし、いずれにしても、重力のある地球に戻れば再びもとの身長に戻ってしまいます。

身長を手術で伸ばす

クエスチョンを浮かべる子供

また、顔の整形手術があるように、身長も整形手術で伸ばすという方法があります。その主な方法が、イリザロフ法とISKD法です。いずれも非常に複雑な手術でかなりの痛みを伴うことが特徴です。

手術というと驚く人もいるかもしれませんが、実はこのような身長を伸ばす手術は110年も前から行われていました。長い歴史の中で試行錯誤が繰り返され、安全性も次第に高くなっていったのです。

容姿に対してコンプレックスを抱くのは今も昔も変わることがなく、医師たちはそれに応えるべくさまざまな研究がなされていたわけです。

身長を伸ばす手術があるんですね。
非常に複雑な手術でかなりの痛みを伴うことが特徴です。

身長を伸ばす整形手術「イリザロフ法」とは?

医者

イリザロフ法とは1951年に発見された方法で、手術で骨の一部を切除した後、自然治癒力によって骨を再生させるという内容です。

骨は切除したことによってできる空間を埋めようとするので、その力で身長を伸ばそうというのです。下腿なら5センチ、上腿なら4センチほどは伸ばすことができます。

イリザロフ法は、もともと事故やケガ、病気で足の長さに違いが生じてしまった人のための手術なのですが、身長を伸ばすためにも手術を受けることができます。ただし、保険は適用されませんので700~900万円は費用がかかります。

また、前述したようにイリザロフ法は大変強い痛みを伴うので、途中で断念する人も少なくありません。

また、治療では多くのピンを使用することや筋肉や神経にもかなりのダメージを与えるなどの理由から、感染症にかかるリスクが非常に高いことが特徴です。

感染症にかかる確率はどれくらい?

その確率は25%以上ともいわれますが、医師によっては80%以上とする人もいるほどです。さらに、ピンを装着した部分に傷痕が残ることもあります。

そして、手術後は運動能力が80%程度にダウンしてしまうこともリスクといえるでしょう。3年ほどリハビリを続ければ回復するともいわれていますが、さまざまなことを十分に踏まえてから手術を決断する必要があるといえそうです。

他にも、この方法は症例が多くはないので、信頼できる医師を見つけられるかどうかも非常に重要なポイントとなるでしょう。日本でも手術を受けることができます。

国内でも可能になった身長が伸びる骨延長手術「ISKD法」とは?

手術中の医者

もう一つのISKD法は、手術で骨を切り取って中に金属などのロットを入れ、遠隔操作でロットを伸ばすことで骨を伸ばすという方法です。術後は5~8センチくらい身長を伸ばすことができます。

ISKD法はアメリカでメジャーな方法で、日本でも新宿のしらゆりビューティークリニックなど、少ないながら手術を実施しているところがあります。

費用は、ロットなどが輸入品となることから為替によって違いがありますが、1,000万円程度はかかるといわれています。

ISKD法のリスクは、骨を伸ばす際に筋肉や神経も伸ばされる時に激痛を伴うことですが、一般的にイザリロフ法に比べると少な目だといわれています。

運動能力については、イリザロフ法同様に80%ほどにダウンしてしまうといわれており、やはり十分に検討してから手術に踏み切ることが大切です。

さらに、イザリロフ法のように感染症のリスクは高くなく、傷痕も残りづらいのですが、いずれもまったくないわけではないので、このあたりも承知しておく必要があります。

しかし、2週間ほど入院しなくてはならないイザリロフ法に比べると、人によっては術後すぐに帰宅も可能なのがISKD法です。高額な費用がかかりリスクもありますが、比較的手軽にできることがメリットといえるでしょう。

世界の国々との比較!日本人は身長が低い?

比べる

では、世界の国々の中で日本人の身長はどのくらいなのでしょうか。日本人もひと昔前とは様変わりして随分と身長が高くなり、若い人などはスタイルでも欧米人に引けを取らないという人が少なくありません。

とはいえ、近年は大変多くの外国人が日本を訪れるようになっており、欧米諸国の人などは一際背が高いので遠くから見ても一目でわかります。

明らかに日本人より身長が高いというのが現状なわけですが、世界平均身長ランキングで日本人がどこにランキングされているのかも見てみましょう。

1位:「オランダ」

水の入ったグラス

背が高くて肩幅も広い欧米人の中でも世界一の身長を誇っているのがオランダ人です。オランダ人男性の平均身長は184センチ、女性は171センチもあります。日本人の平均身長と比べれば、男女ともに13センチも高いのです。

しかし、遥か昔から大きかったのかといえば、どうもそうではないようです。

ほんの200年ほど前までは、ヨーロッパ諸国の人々の中では低い方の部類に入っていたといわれています。それが、あっという間に大きくなって世界一にまで上り詰めたわけです。

そんな急成長を遂げたオランダ人の秘密の一つが食生活です。オランダは酪農が盛んな国で、国民はみなチーズをよく食べますが、チーズには身長が伸びるのに不可欠なカルシウムがたっぷりと含まれています。

また、オランダ人の主食はジャガイモであり、飲み水は硬水です。ジャガイモは炭水化物の他、鉄分やマグネシウム、亜鉛などが豊富ですし、硬水はミネラルがたっぷりと含まれています。日々摂取しているのが高身長につながっているわけです。

それから、食生活の他には、ベルクマンの法則という専門的な考えがよくいわれています。これは、寒い地域に暮らす人々は熱を体内に溜めこむ必要があり、それには体長が大きいほど有利になるという考えです。

2位:「ノルウェー」

雪国

オランダ人に次いで平均身長世界ランキング第2位となったのは、同じくヨーロッパに住むノルウェー人です。オランダとは北海をはさんだ向かい側に位置し、間には北海に浮かぶデンマークが位置してます。

そんなノルウェー人男性の平均身長は180センチ、女性の平均身長は167センチです。

ノルウェーはオランダよりもさらに緯度が高いことから非常に寒い気候です。そのため、オランダ人が高身長である理由に挙げられているベルクマンの法則は、ノルウェー人の方がより強く当てはまるといえそうです。

非常に寒く、しかもその時期が長く続くという過酷な条件を生き抜いていくために、ノルウェー人は長い時間をかけて熱を溜め込める大きな体へと変化していったと考えることができるでしょう。

食事の面からいうと、ノルウェー産のスモークサーモンなどは私たち日本人にとても馴染みのあるものといえるのではないでしょうか。海に囲まれたノルウェーは栄養たっぷりの新鮮な魚介類が豊富で、肉類はトナカイやシカをよく食します。

さらに、朝食と昼食はパンとチーズなど簡単なもので済ませることも多いのがノルウェーの人々の特徴です。つまり、高身長に欠かせない良質なタンパク質やカルシウムを毎日しっかり摂っているというわけです。

3位:「スウェーデン」

マグロ

平均身長世界ランキング第3位となったのは、再び同じヨーロッパに住むスウェーデン人です。スウェーデンは第2位のノルウェーのお隣に位置しており、男性の平均身長は178センチ、女性の平均身長は165センチです。

スウェーデンはノルウェーのお隣というだけあり、気候的にはほとんどノルウェーと同じです。極寒の時期が長く続くことから、それに耐えうるような体格になるべく身長も高くなっていったと考えられます。

日本でも大人気の大型インテリアショップ「IKEA」はスウェーデン生まれですし、冬の寒い時期に屋内で過ごすことが多いスウェーデン人は、温かみのあってオシャレなデザインのインテリアが大好きです。

また、スウェーデンの名物料理などからも高身長の理由が見えてきます。スウェーデンの人々は、発酵乳製品やパンが大好きで、お肉やお魚もよく食べて付け合わせにはポテトが付きものです。

やはり、オランダ人やノルウェー人と同じように、スウェーデン人も高たんぱく、高カルシウムの食事を毎日摂っていることが身長が高くなる秘訣といって良いのでしょう。

4位:「デンマーク」

牛乳

そして、平均身長世界ランキング第4位はデンマークです。第1位から第4位まではすべてヨーロッパ諸国というわけですが、デンマークはノルウェーとスウェーンデンのちょうど間に位置しています。

「幸福度ランキングNo.1」ということでも広く知られているこの国の男性の平均身長は180センチ、女性の平均身長は169センチです。酪農国家であるデンマークは、毎日の食事に豚肉や乳製品がよく登場します。

とてもシンプルだけれど家庭的な料理が供され、ここでもやはり高たんぱく、高カルシウムであることがよくわかるのではないでしょうか。

もちろん、ノルウェーやスウェーデンほどではありませんが、デンマークは真夏でも22度くらいにしかならないなど非常に寒いことが特徴です。

ベルクマンの法則に乗っ取れば、生存していくために自然と身長が高くなっていったと考えることができます。

5位:「チェコ共和国」

ステーキ

平均身長世界ランキング第5位は、少々東寄りとはなりますがやはりヨーロッパ諸国の一つであるチェコ共和国です。チェコ男性の平均身長は180センチ、女性の平均身長は167センチとなっています。

チェコ共和国は、第1位のオランダや第4位のデンマークとは、ドイツを挟んでお隣という位置にあります。

第4位までの国々とは、緯度は少々下がるもののやはり寒い気候であることに変わりはないので、身長を高くしてハードな環境を生き抜くというベルクマンの法則が当てはまるといってよいのではないでしょうか。

一方、食事の面から見ると、チェコ共和国は内陸であるため食材が限られているという特徴があります。そして、実は世界一薄毛の国というあまり好ましくないランキングにも登場しているように、食事の内容はそれほど良いというわけではありません。

野菜摂取量が極めて少なく、濃い味付けと油っぽく調理した肉料理が大好き、ビール消費量も世界一というのがチェコ人の食事のおおざっぱな内容なのです。

もちろん、すべての人がこのような食事を毎日続けているわけではないでしょうが、どうも、チェコ人の場合は食事が高身長を生んでいると容易く結びつけることはできないのかもしれません。

30位以降に「日本」

パソコンをする子供

平均身長世界ランキングの上位はすべてヨーロッパ諸国という結果でしたが、日本がランキングされているのは残念ながら30位以降となります。

日本人の平均身長は、男性が171センチ、女性が158センチで、73か国中38位という結果が出ています。つまり、平均的日本人男性はオランダ人女性とほぼ同じ身長となるわけです。

日本人も、栄養状態が向上にするに連れて身長は順調な伸びを見せてきましたが、世界的に見ればまだまだというのが実情です。男性173センチ、女性161センチという世界の平均身長には、男女ともに2~3センチほど足りていないのです。

世界的に東南アジアは身長が低い

世界的にみて身長が低い国といえば、日本を含めて東南アジア諸国が挙げられるでしょう。日本もかつてそうであったように、これらの国々ではまだ経済成長が十分ではなく、食事の欧米化も進んでいません。

食事の欧米化によって良くない結果も生むこととなってはいますが、これにより日本人の身長は大幅な伸びを示すこととなったのは確かです。

また、身長だけではなく、手足の長さや頭の大きさなども欧米人に近づいているのが最近の日本人です。このままいけば、ヨーロッパ諸国の人々にますます近づいていくのかもしれません。

なぜ日本人の平均身長は諸外国に比べて低いのか?

栄養バランス

では、なぜ日本人の平均身長は諸外国と比較して低いのでしょうか。ひと昔前こそ栄養が不足していた日本人でしたが、今ではすっかり欧米並みに肉類を食すようになっていますし、牛乳も学校給食で飲んでいるはずです。

それなのに、日本人は、平均身長世界ランキングでは38位なのです。

ヨーロッパ諸国やアメリカを旅すれば巨人のような人々を目の当たりにしてするものですし、やはり、世界の平均身長にすら未だに到達していません。日本人と彼らとでは、いったい何が違うのでしょうか。

諸外国に比べてカルシウムの摂取量が圧倒的に足りていない

医者

日本人の身長が低いのは体質もありますが、骨を丈夫にするためのカルシウム摂取量が圧倒的に足りていないことが挙げられます。

身長が伸びるには成長期にしっかり栄養をとらなければなりませんが、平成20年度に実施された国民健康・栄養調査によると、成長期である12歳~14歳では男女ともにかなり摂取量が少ないという結果がでています。

また、平成21年度に実施された学校給食用牛乳の飲用実態調査報告書によると、中学生の普段の給食で牛乳をまったく飲まなかったという回答が大変多く見られます。

中でも顕著なのが中学3年女子で、なんと23%もの生徒がまったく飲まなかったと回答しています。

さらに、アメリカと日本では、カルシウムの1日摂取推奨量からして大きな違いがあります。12歳~14歳では、日本が男子1,000mg、女子800mgなのに対してアメリカは1,300mgも推奨しているのです。

カルシウムだけで身長は伸びない

驚く子供

とはいえ、カルシウムだけしっかり摂取していれば身長が伸びるというわけではありません。カルシウムと同じくらい重要なウェイトを占めているのがタンパク質です。

骨を丈夫にするにはこの2つの栄養素をしっかり摂り、よく運動をして適度に日光に当たる必要があります。

ところが、日本人はタンパク質摂取量も足りていません。牛乳は良質のたんぱく質を含んでいるので、1日2本は飲みたいものです。

普通の牛乳であれば2本で約450mgのカルシウムが摂取できますし、カルシウム強化乳であれば575mgも摂取できることになります。是非、給食では飲み残しをせずしっかり飲み切り、家庭でももう1本飲むようにしたいものです。

特に、朝食をしっかり摂ることも成長期には大切になってくるので、食欲がない朝などは牛乳だけでも飲んでから登校するとよいのではないでしょうか。

ただし、乳糖を分解する酵素が活性しない乳糖不耐症の人は注意が必要です。この場合、温めて少量ずつ飲んだり、食べ物と一緒に飲むと良いでしょう。

身長を伸ばすにはたんぱく質も必要とは知りませんでした。
カルシウムと同じくらい重要なのがタンパク質です。この2つの栄養素をしっかり摂る必要があります。

8・9歳から18歳頃までに栄養をしっかり摂取するべき

家族の食事

このように、日本人はカルシウムもタンパク質も摂取量が十分ではなかったので、諸外国に比べて身長が低かったと言わざるを得ません。また、これらの栄養素を摂取する時期も非常に大切です。

もっとも身長が伸びる、8、9歳から18歳という第二次成長期に十分な栄養を摂っていなければ身長の伸びにはつながらないのです。

第二次性徴とは見た目で男女の違いが現れてくる時期のことです。実は、身長が伸びるピークを迎える時期は第二次性徴前にもあり、それは生まれた直後です。

しかし、一生の身長の決め手となるのは第二次性徴なので、この時期の栄養の摂り方が一生を左右するといっても言い過ぎではないでしょう。

女子なら11歳がピーク、男子は13歳がピークで、1年間で10センチも伸びることも珍しくはありません。この時期は習い事をいくつも掛け持ちしていたり塾に通ったりと子供たちは大忙しです。

お母さんは、習い事の前に軽く食べられるおにぎりやサンドウィッチを用意してあげると良いでしょう。具材をサケやツナにすればタンパク質もしっかり摂取できます。

子供のために親ができること

つなぐ

身長が伸びるのは一生の中でもほんの短い成長期のみです。この時期に十分に身長を伸ばしてあげるために、親ができることはたくさんあります。

子供の身長が低いと悩むお母さんの多くは、「子供が小食で困る」という悩みも同時に抱えている場合が非常に多くあります。そのような場合は、無理やり食べさせるのではなく、どうして食欲が湧かないのかをじっくり考えてみることも大切です。

小食の理由としては、運動のしすぎ、お菓子の食べ過ぎ、眠たい、テレビに気をとられている、味覚障害、扁桃肥大、虫歯、お腹が空きすぎてしまった、周囲が皆早食い、などさまざまなものが挙げられます。

当てはまるものがあれば、それを解決することでバランス良く栄養が摂れるようになることも多いのです。

身長を伸ばす栄養と食べ方

医者

身長を伸ばすには、いろんな食品を食べてさまざまな栄養素をバランスよく取ることが大切です。食品は、肉や魚などの第一群、牛乳などの第二群、緑黄色野菜などの第三群、淡色野菜などの第四群、イモ類などの第五群、油脂などの第六群に分けられます。

この内、身長を伸ばすのに欠かせないのが第一群と第二群です。この2つのグループには、タンパク質とカルシウムが豊富に含まれる食品が入っているからです。

しかし、その中には脂肪の多いものもたくさんあるので摂り過ぎには注意が必要です。肉や魚に偏るのではなく、豆類やたまご、牛乳などからバランスよく摂取するようにするのがおすすめです。

11~18歳では75~85gのタンパク質が必要といわれていますが、牛乳コップ1杯とたまご1個で12g摂取することができるので、参考にしてみてください。

また、食の欧米化に伴い、日本人のカルシウム摂取量は激減しています。チーズやヨーグルトを冷蔵庫に欠かさないようにしたり、豆腐や油揚げ、納豆といった伝統的な食材を積極的に取り入れるようにしましょう。

同時に、カルシウムはマグネシウムと2対1の割合で摂取すると効率よく体内で使われます。マグネシウムは、アーモンドやひじきの他、カルシウムも摂れる納豆や木綿豆腐に豊富に含まれています。

身長を伸ばす運動

サッカー

また、身長を伸ばすためには栄養を摂取するだけではいけません。適度に運動させることも大変重要です。

そういうと、バレーボールやバスケットボールといったスポーツを想像しがちですが、実はこれらのスポーツは慎重を伸ばす効果が特に高いわけではありません。

食事もさまざまな栄養素を摂ることが必要なように、運動もさまざまな動きを取り入れることが大切です。ジャンプだけではなく、体をひねったり反らしたり曲げたりと、まんべんなく全身を動かすことが高身長につながります。

一見効果がありそうなぶら下がり運動なども、一時的に身長が伸びることはあっても、しばらくすれば元に戻ってしまいます。

全身に刺激を受けると、軟骨にも栄養が行くようになり、関節液の循環が良くなって骨が十分に成長するようになるからです。と同時に、日中体を動かすことで夜はぐっすりと眠れるようになり、翌朝には美味しい朝食がいただけるようになります。

お子さんがあまり外で遊ばないといった場合は、少しでも体を動かす機会を作ってあげるようにしましょう。ただし、食事もとれないくらい疲れすぎるのは逆効果です。

身長が伸びるのに必要なタンパク質が筋肉の修復に使われてしまうので、適度な運動量を守ることが大切です。

身長を伸ばす睡眠

落ち込む女の子

さらに、身長を伸ばすにはたっぷりと睡眠を取ることも大切です。日本の子供たちは世界一睡眠不足であるのをご存知でしょうか。

小学校高学年の子どもたちを比較してみると、日本の子供たちの30%近くが8時間未満なのに対し、世界の子供たちは50%以上が9時間以上の睡眠を取っているというデータがあります。

イギリスやフランスにいたっては50%以上が10時間以上眠っているのだそうです。

「寝る子は育つ」とは昔からの言い伝えですが、これは、骨の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌がもっと盛んになるのは睡眠中だからです。

身長が伸びるとは骨の端の組織が増殖することなのですが、この増殖を促してくれるのが成長ホルモンなのです。つまり、科学的にも夜にしっかり寝なければ身長は十分には伸びないというわけです。

ではどのくらい睡眠を取れば良いのかといえば、ある医師は、小学校高学年であれば9時間半程度の睡眠を取ることを推奨しています。低学年であれば10時間は睡眠を取るのが良いのだそうです。

また、夕食は寝る2時間前までには終わらせておくことも大切です。これは、血糖値が高いと成長ホルモンが分泌されないからです。さらに、夜間に強い光を浴びないようにするとより熟睡することができます。

小人化している国もある

気をつける

日本と同じく、世界の国々でも食糧事情が改善するに従って体が大きくなっていったという歴史があります。しかし、驚くことに小人化している国もあります。

例えば、北朝鮮にもその傾向があるといわれています。北朝鮮の1970年代の慢性的な食糧不足は日本のニュースでもよく取り上げられていましたが、この時期に2代、3代にわたって十分な栄養を取れなかったことが原因で、小さな人が増えたというのです。

中には、日本の小学校高学年くらいしかない大人の人も多いといわれています。

また、同じく食糧不足に悩まされていたり内戦が続くアフリカや中南米の国々でも小人化の傾向があります。身長や体格は、遺伝の問題以外にも、食料事情やさまざまな環境で決定されてしまうというわけです。

実際に小人化している国があるんですね!
そうです。十分な栄養を取れなかったことが原因で、小さな人が増えたというのです。

大人になると身長は伸びない成長期スパート期が大切

最後

身長が伸びる時期というのは、ほとんど第二次成長期のみに限られています。そのため、このわずか数年という時期を逃してしまった後では取り返すことができません。大人になってからでは何をしても身長を伸ばすことはできないのです。

第二次成長期に急激に身長が伸びる時期は「成長スパート期」と呼ばれ、女子なら11歳、男子なら13歳というのが目安になります。

お母さんたちは、身長が伸び出したなと気づいたら、それまで以上に食事に気を使ってあげるとよいでしょう。数年間続く成長スパート期のスタートをしっかりキャッチしてあげることが大切なのです。

まとめ

子供の身長が低いのは、親として気になるのは当然のことです。親がやってあげられるのは、成長期を見逃さずにしっかりと栄養を摂らせてあげるようにするのが一番といえます。

顔の整形手術があるように脚を伸ばす手術はありますが、費用や痛みなどを考えればあまり現実とはいえません。大人になってからでは時すでに遅しなのです。

日々の食事は、タンパク質やカルシウムが適切に摂取できるようお子さんの生活に合わせて工夫してあげるようにしましょう。

また、運動や睡眠など、お子さんによっては十分ではないことは非常に多くあるものです。

今では巨人かと思うほどに身長が高いオランダ人も、かつては身長が低い時代がありました。そして、現代であってもさまざまな原因で小人化している国もあるのです。その背景には必ず栄養状態の良し悪しがあります。

後から後悔することのないよう、お子さんのために精一杯のことをしてあげましょう。

サプリ人気の身長サプリ
ランキング

  1. 1位のピン

    アスミール★★★★★

    アスミール

    全項目で高評価を獲得!専門家推奨の身長サプリ

    アスミールは品質、安全性、価格や口コミなど、総合的にバランスの取れた身長サプリです。カルシウムを含め成長に必要な栄養素を過不足なく配合。コスパもよく1日の価格はわずか118円で続けられるのも魅力的。現在はお試しモニター実施で500円で購入可能♪

  2. 2位のピン

    カラダアルファ★★★★

    カラダアルファ

    余計な添加物なし!手軽に飲める身長サプリ決定版

    10代の成長期に必要な栄養素が含まれた厳選素材を組み合わせたタブレット身長サプリの決定版。現在、最もランキング1位に近い商品です。アレルゲンフリーなのでどんなお子さんでも安心して続けれます。いろいろなサプリを試してきて続かなかった子供や、部活やスポーツで忙しい小中高生に愛用者が多いのが特徴。

  3. 3位のピン

    プラステンアップ★★★★

    プラステンアップ

    中高生に特化した身長サプリ!定期縛りなし&全額保証付き

    中高生に特化した身長サプリ!定期縛りなし&全額保証付き テキスト:プラステンアップは中高生に必要な栄養素をサポートする身長サプリです。品質、安全性、価格ともに3拍子揃った商品です。はじめての方でも試しやすいように定期縛りなし&全額保証付きのサービス対応。初回が80%OFFの1,980で試せるのも魅力的!