子供の成長豆知識

赤ちゃんの『乳児健診』はいつ受ける?検査内容と任意診査【まとめ】

うつ伏せ赤ちゃん

赤ちゃんが受ける健診を「乳幼児健康診査」と言って、一般的には乳児健診と呼んでいます。赤ちゃんが健やかに成長していることを確認するための大切な機会です。安心して育児を行うために自治体が助成金によって無料で提供しているので、毎日の子育てで気になることや不安など、この機会を利用して何でも相談しましょう。

なお、乳児健診には定期健診と任意健診があります。前者は1歳6カ月児と3歳児が対象で、この健診は母子保健法で義務化されています。後者は生後1カ月児、3~4カ月児、6~10カ月児が対象で、法律で義務化されていないので任意ですが、大切な機会ですのでなるべく受診してください。

乳幼児健康診査の目的と受ける必要性について

つなぐ

一般に乳児健診と呼ばれる乳幼児健康診査とは、赤ちゃんの健康を保持・増進することを目的に、発育や栄養状態はどうか、先天的な病気などの有無、また、予防接種の種類や時期の確認といった、必要項目を定期的にチェックするための健診です。

乳児健診ではふだん親が気になることを医師や保健師に相談できる機会です。現代は隣近所との付き合いが少なくなったこともあり、育児に悩む母親をサポートしてくれる存在が少なくなっています。そんななかにあって乳児健診は、母親の精神的な支えにもなる大切な機会です。

回数は地域によって異なりますが、3~4ヶ月、1歳6ヶ月、3歳の定期健診は行政によって義務化されています。これ以外にも自治体ごとに任意の健診があり、特に1歳になるまでの期間に回数が集中しています。

母子保健法には、「満1歳6ヶ月を超え満2歳に達しない幼児」、「満3歳を超え満4歳に達しない幼児」の健診を行うことが定められていますが、生後3~4カ月児を含めた3回の健診を行う自治体がほとんどです。受けないと罰があるわけではないですが、子どもの健やかな成長のためには必ず受けさせるべきでしょう。

乳児健診を受ける時期と回数

カレンダー

自治体によって回数は違いますが、乳児健診は子どもが3歳になるまでかなりの回数が実施されています。母子保健法で定められている健診は2回ですが、生後1カ月、3~4カ月、6~11カ月、1歳6カ月、3歳を対象に行う自治体がほとんどだと思います。

健診日は自治体によって指定されます。ただ、それはたいてい平日なので共働きの家庭など忙しくて行けないという人も多いようです。実際、「忙しい」や「必要ない」という理由で行かない人もけっこういます。しかし、健診の時期はあらかじめわかっていることですので、あらかじめ自治体のホームページなどでチェックして予定を調整しておきましょう。

 乳幼児が定期健診を受ける時期は母子保健法によって定められている

乳児健診について、法律で義務とされているところの定期健診を受ける時期は母子保健法で定められています。母子保健法の第十二条には、「満一歳六か月を超え満二歳に達していない幼児」と「満三歳を超え満四歳に達していない幼児」は市町村が健康診査を行わなければならないと明記されています。つまり、法律で義務化されているのはこの時期の2回ということです。(参照:母子健康法)

ただ、母子保健法の第十三条には、市町村は上記の健診以外にも「必要に応じて母親と乳幼児の健康診査を行う」、および、「受けるように勧奨すること」と定めています。そのため、法律で義務付けられているのは1歳6カ月児と3歳児だけですが、ほとんどの自治体では、この第十三条によって生後3~4カ月児も含めた3回の定期健診を実施しているのです。

定期健診以外に任意の健診もあります。その時期と回数は自治体によって違いますが、だいたい1カ月健診、6~7カ月健診、9~10カ月健診、1歳健診、2歳健診となっています。9~10カ月健診を実施しない自治体もけっこうあるようですが、実施している場合は受けるべきものと考えましょう。

任意健診は自分で予約する必要があるが、1カ月健診は産院が手配してくれることがほとんど

定期健診については、実施が近づくと自治体から案内が送られてきます。しかし、任意健診は自分で予約しなければなりません。ただ、お住まいの自治体によっても違いはありますが、だいたい子どもが生まれたらすぐに健診の概要についての郵便が届きます。任意といっても健診の期間と医療機関は指定されているので、そのなかから自分で予約して受診するというシステムです。

ただ、1カ月健診については出産した病院で手配されることがほとんどです。病院で生まれた赤ちゃんならほぼ全員が受けるものと言ってよいでしょう。先天性の病気の有無や体重の増加具合などがチェックされます。

乳幼児健康診査には個別健診と集団健診がある

検診

乳幼児健康診査の時期や回数はお住まいの自治体によって違いがありますが、個別で受診するか集団で受診するかという違いもあります。

個別健診は小児科のある病院などに各自で受診するタイプの健診です。集団健診は自治体の保健センターなどを使って大勢が一斉に受診するタイプの健診です。

集団健診は実施の前に案内が郵便で届くことが多いので、その場合は特に気にしなくてもよいのですが、個別健診は全部自分で手配する必要があります。ですので「うっかり予約のタイミングを逃してしまった」なんてことにならないよう、健診のスケジュールはしっかり管理しておきましょう。では、それぞれの健診の流れや注意点を見ていきます。

個別健診を受けるまでの流れと注意点

個別健診は自分で手配しなければなりません。直前まで先延ばしにしていると予約のタイミングを逃すこともありますので、1カ月前ぐらいから準備しておきましょう。

まずは、自治体から指定される医療機関から受診するところを選びます。なぜ指定の医療機関で受けるかというと、自治体から助成金があるので無料で受診できるからです。それ以外の病院で受けてもかまいませんが、その場合は受診費用は自己負担になることに注意してください。

受診する医療機関を予約したら、受診日までに赤ちゃんの様子を観察し、気になることなどお医者さんに相談したいことをまとめておきましょう。なお、受診日には、出生時の体重、1日の授乳回数、尿と便の回数などを問診票に記入しますので、それらも事前に確認しておいてください。

健診当日は病院に行って、向こうの指示に従い受診するだけで特に難しいことはないですが、一つ注意するなら赤ちゃんの服は着脱しやすいものにした方がよいでしょう。体重測定など全身の様子を診るにはオムツ1枚だけになる必要があります。首がまだ座っていない時期なら前開きの服が便利です。

どんな服装でもいいんでしょうか?
何も決まりはありませんよ。ただ体重測定でおむつ1枚になることもあるので、着脱しやすい服をおすすめします。

集団検診の流れや注意点

集団健診の実施日が近づくと自治体から案内が送られてくることが多いです。案内がない場合は広報紙などに情報が記載されますので、それをよく読んでください。日時と場所を間違えないようによく確認し、当日持って行くものも早めに用意しておきましょう。

受診日までの準備は個別健診の場合と同じです。赤ちゃんのふだんの様子をしっかり観察しておき、気になることや不安なことなどお医者さんに相談したいことをメモなどにまとめておきます。この場合、相談忘れがないようにちゃんとメモなどに書いた方がいいです。出生時の体重、授乳回数、尿と便の回数などもチェックします。

集団健診の会場には医師や看護師を始め、歯科医師、歯科衛生士、保健師、心理士、保育士などさまざまな職種の専門家がいます。気になることは些細なことでも遠慮せずに相談しましょう。

集団健診で注意することですが、車で行く場合は駐車するスペースがあるか事前に確認しておきましょう。また、寒い時期は赤ちゃんにも厚着させているかもしれませんが、健診では何度も裸になる必要があるので、なるべく着脱しやすい服にしてください。会場内はしっかり暖房が効いているので、車で行くなら上着などは車内に置いておけばいいと思います。

乳幼児健康診査を受診する場所

病院外観

乳幼児健康診査を受ける場所については、まずは自治体に確認してください。基本的には病院(産院や小児科)か保健センターのどちらかということになりますが、赤ちゃんの月齢・年齢によって異なるので確認は必須です。

個別健診は病院で、集団健診は市町村の保健センターでというパターンが多いですが、集団健診でも病院で受診する場合もあります。特に心配することはありませんが、受診日時と場所の確認はしっかり行ってください。

任意健診(生後1カ月児、生後6~7カ月児、生後9~10カ月児、1歳児、2歳児健診)は基本的に産院か小児科

任意健診の対象は、生後1カ月児、生後6~7カ月児、生後9~10カ月児、1歳児、2歳児です。なお、母子保健法によると定期健診の対象は1歳6カ月児と3歳児と定められていますが、ほとんどの自治体では生後3~4カ月児も定期健診で診ているので、任意健診については上記の通りとします。

任意健診は基本的に産院か小児科で行っています。1カ月健診は出産した病院で母親の1カ月健診と一緒に受診することが多いです。生後6~7カ月児、生後9~10カ月児、1歳児、2歳児の健診も、自治体では実施していないことが多いので、基本的に産院か小児科で受診します。

定期健診は自治体から案内が届きますが、任意健診では予約が必要な場合や曜日の指定のある病院も多いので、受診のタイミングを逃さないようにあらかじめ確認しておきましょう。

定期健診(3~4ヶ月児、1歳6カ月児、3歳児健診)は基本的に自治体の健診保健センターで実施する

母子保健法の第十二条には、満1歳6カ月以上満2歳未満の幼児と満4歳未満の幼児の健診を義務と定めていますが、第十三条の健診の勧奨により生後3~4カ月児も定期健診とする自治体がほとんどです。

自治体で行う健診は、基本的に自治体の保健センターや公民館などで実施します。定期健診は集団健診といって、同じ月齢・年齢の赤ちゃんが同じ場所に集まって一緒に受けることが多いです。日時と場所は自治体によって指定されます。なお、受診票が配布される場合など病院での受診になることもあります。

定期健診の日程は自治体によって決められ、実施日が近づくと案内が郵送されてきます。そのため、共働きの家庭など指定の日時は忙しくて受診できないということもあるでしょう。その場合は違う日程に変更することも可能ですので、自治体に問い合わせてください。

 乳幼児健康診査の持ち物

持ち物

乳児健診の持ち物で絶対必要なのが、母子手帳、診察券やハガキなどの案内、保険証、あとは事前に渡されているのであれば問診票や助成券です。それ以外にも、筆記用具、オムツ、お尻拭き、着替え、オムツ用のビニール袋、着替えなども、それが個別健診であれ集団健診であれ、ぜひ持って行くべきだと思います。

また、9~10カ月健診ともなると健診の内容も多岐にわたるため、終了までにかなりの時間がかかります。その間、ずっと赤ちゃんがおとなしくしてくれるとも限りません。赤ちゃんがぐずった時のためにおもちゃなども持って行った方がよいでしょう。荷物にはなるものの、赤ちゃんがお昼寝した時のためのタオルなどもあれば安心です。

なお、集団健診では、授乳しようと思っても、授乳スペースが狭い場合や一度に授乳できる人数に限りがあることも見られます。周りの目が気になるなら、授乳ケープもあるとすぐに授乳できて便利です。

ベビーカーは持って行っても大丈夫でしょうか?
ベビーカーももちろん持って行って大丈夫ですよ。私は子どもの検診時に抱っこひもが便利でしたよ。

 定期健診の時期や内容について

病院

定期健診は、生後3~4カ月児、1歳6カ月児、3歳児が対象です。各時期で赤ちゃんの成長度合いは大きく違いますし、それによって健診の内容もかなり変わります。

自治体が実施する定期健診ですので、実施日が近づいてきたら自治体から案内が届きます。詳しいことはその案内に記載されているので特に心配することはありませんが、お母さんとしても何のための健診なのか事前に理解しておきましょう。

 3~4カ月健診の内容

母子保健法の第十二条には、満1歳6カ月以上満2歳未満の幼児と満4歳未満の幼児を対象に、健診を実施することを義務と定めています。つまり、3~4カ月児の健診は、法律では自治体の実施義務がある定期健診ではありません。

しかし、母子保健法の第十三条には、第十二条で定めた以外にも自治体が必要性を感じる場合にはそれに応じて健診を実施し、保護者にも健診を受けることを勧奨するように定めています。そのため、多くの自治体では生後3~4カ月児も定期健診の対象としているのです。

3~4カ月健診の内容は、まず身長、体重、頭囲、胸囲などを測定、それと事前に記入した問診票をもとに医師や保健師と話をします。気になることや不安なことはこの場で遠慮なく相談しましょう。ふだんの育児で気づいたことなど、忘れないようにあらかじめメモに残しておくとよいです。

また、首のすわり具合も重要なチェックポイントです。両手を持って赤ちゃんを起こすと首がちゃんとついてくるかをチェックします。あとは視覚と聴覚のチェックもあります。あやしたりガラガラを振ったりして音に反応するか、目が対象物を追うかということをチェックし、筋肉や神経の発達状態を診ます。

 1歳6カ月健診の内容

1歳6カ月健診は、これまでの運動機能の発達具合だけでなく、言語能力の発達についてもチェックされます。言葉の発達には個人差が大きく、子どもによってはかなり自由に操れる場合もあれば、まだちゃんとした文章を作れない場合もありますが、この時点では大人の話しかける言葉を理解できれば大丈夫です。

運動機能の面では歩行能力がどれだけあるかがポイントです。ほとんどの子どもは1歳6カ月ごろには一人歩きができるようになっているので、それが目安になりますが、あくまで目安ですのでまだ一人で歩けないからと心配することはありません。気になる場合はお医者さんに相談してください。

健診に持って行くものは自治体からの案内に指示されています。母子手帳、保険証、問診票、乳幼児医療費受給者証といった必要書類のほか、オムツと、オムツ替えシートやお尻拭きなどオムツセット、歯磨き指導のための歯ブラシ、飲み物、タオル、ティッシュ、筆記用具などは必ず持って行きましょう。

また、集団健診になると人の多さや慣れない環境に子どもがぐずることもあります。待ち時間が長くなっても大丈夫なように、お気に入りの絵本やおもちゃなども準備しておくと安心です。

 3歳健診の内容

3歳健診では、子どもの健康や体の発達度合いだけでなく、生活習慣やコミュニケーション能力など社会性も身に付いてきているかがチェックされます。細かい指の運動ができるか、自分の名前や年齢を正確に言えるかということがチェック項目です。

また、食事、自立した排泄、衣服の着脱なども3歳ごろからできるようになるため、そうした生活習慣についてチェックすることも3歳健診の目的です。具体的には、トイレトレーニングの状況、おやつの回数、就寝時間などがチェック項目として設定されています。

予防接種、視覚や聴覚の発達障害、疾患の有無も確認します。乳幼児の発達度合いの確認はほとんどの自治体で3歳健診がラストですので、気になることはこの機会に何でも相談してください。

3歳健診では、視力検査、聴力検査、尿検査については検査キットが自宅に送付されるので、親が家庭で検査して健診当日に提出します。検査の方法は詳しい説明があるのでそれに従えば大丈夫ですが、尿検査についてはまだトイレトレーニング中の子どもだとなかなか大変かもしれません。採尿袋という便利なものもあるので、尿が取りにくい場合は使ってみましょう。

自治体によって違いがある任意健診の時期や内容

かご眠る赤ちゃん

定期健診のように法律で義務化されているわけではありませんが、各自治体が実施する乳幼児の任意健診も、実施されるものはできるだけ受けるようにしてください。生後1カ月から、6~7カ月、9~10カ月、12カ月、さらに2歳まで、自治体によっては健診があります。

医師や保健師など専門家に育児について相談できる良い機会ですので、単に健康状態のチェックだと思わずに思い切り利用しましょう。

 1カ月健診の内容や注意点

1カ月健診は赤ちゃんが生まれてだいたい1カ月前後に行われます。赤ちゃんだけでなくお母さんのための健診でもあり、だいたい出産した病院で退院までに日時が決まります。病院によっては赤ちゃんとお母さんが別々の日になることもありますが、お母さんにとっても産後の体調と心をケアする大切な健診です。必ず受診してください。

1カ月健診で赤ちゃんがすることには、まず身体測定があります。身長、体重、胸囲、頭囲を測定します。体重は1カ月で600グラムから1kg程度増加していることが目安です。体重が順調に増えていない場合は授乳指導がある場合もあります。

また、身体測定だけでなく、股関節の具合や視力も確認します。股関節は脱臼していないか、視力は目標を視認できるかや瞳孔の状態などのチェックです。ほかにも、中枢神経や吸啜反射のほか、モロー反射の確認もあります。病院によってはビタミンKのシロップを飲ませるように指導するところも多いです。

1カ月健診でお母さんがすることは、体重と血圧の測定、検尿、子宮口の戻り具合や傷の状態のチェックです。産後育児の不安へのフォローなどお母さんの精神面のサポートでもあります。赤ちゃんと別日だからといって自分は受けないということはないようにしましょう。

 6~7ヶ月健診の内容と注意点

6~7カ月健診の内容は、身長、体重、頭囲、胸囲の測定を始め、検査は全身に及びます。頭部は大泉門の状態を確認、心臓や呼吸の音・腸の動きを確認するための聴診、歯の生え具合など口腔内検査、視力や目やにの状態などの検査、その他、皮膚や性器の状態まで全身をすみずみチェックします。

また、発達度合いのチェックも6~7カ月健診の重要なポイントです。特にチェックされるのが、「おすわりができるか」と「手を伸ばして物を掴むことができるか」ということです。寝返りもチェックされますが、赤ちゃんによっては寝返りを全然しないこともあるので、それほど心配はいりません。

生後6~7カ月ではまだおすわりができない子どもも多いので、座れるかどうかということはそれほど重要ではありません。それより、首のすわりがしっかりし、腰や背中もしっかり成長しているかを診ます。

生後6~7カ月ともなると人見知りを始める子どもも多く、なかには健診中ずっと泣きどおしということもあるでしょう。しかし、赤ちゃんにとって泣くことは仕方ないことですので、周囲の迷惑など気にしなくても大丈夫です。でも、できればお気に入りのおもちゃや絵本などあれば持って行った方が安心でしょう。

子どもが人見しりをして大泣きをするので当日が心配です。
普段人見知りをしない子でもいつもと違う雰囲気だったり、周りの子につられて泣いたりとにぎやかです。なので自分の子だけ・・・

 9~10ヶ月健診の内容と注意点

9~10ヶ月健診も、6~7カ月健診と同じように、身体測定と全身のチェックを中心に行います。

この頃になるとたっちができる子もいますが、身長の測定は寝て測れる器具を使うので、まだたっちができない子でも安心です。体重は赤ちゃんが入るカゴのようなものが付いた体重計で測ります。ただ、なかには暴れて正確に測れない子もいるので、そういう場合は、後で家の体重計で正確に測定して母子手帳にそれも記録しておくとよいでしょう。

全身のチェックでは、頭部は大泉門の状態確認、聴診では心臓や肺の音、腸の動きを確認、口腔内検査は歯の本数や生え方、衛生状態などの確認です。目の検査も同様にちゃんと見えているか、異常はないかを確認します。そのほか、皮膚の状態、股関節の動き、性器の様子などもチェックします。

9~10カ月健診でのいちばんのポイントは発達具合のチェックです。ハイハイやつかまり立ちができるかを診ます。ただ、このころには人見知りが激しくなる赤ちゃんもいるので、健診中泣き続けている子もいるでしょう。

お医者さんは慣れているので大丈夫ですが、赤ちゃんの機嫌が悪いよりも良いに越したことはありません。お気に入りのおもちゃや絵本などを持って行くとよいでしょう。

12ヶ月健診の内容と注意点

12カ月健診は、任意健診として実施する自治体は少ないものの、もしお住まいの地域で実施しているのであればぜひ受診しましょう。

赤ちゃんが生後12カ月ころは、お母さんにとって育児不安が二度目のピークを迎える時期とも言われています。一度目は生後すぐですが、1年ほど育児に悪戦苦闘して、やっぱり「これでいいのだろうか…」と不安になるお母さんは多いです。ですので、もし12カ月健診が行われるのであれば、貴重な機会と思って不安なことや気になることは何でも相談してみてください。また、赤ちゃんが無事に1年を過ごせたという記念の意味でも、成長を確認するために健診を受けておくとよいでしょう。

健診の内容は、身体測定と全身のチェック、発達度合いのチェックです。陰嚢水腫がある場合、それが消失しているかもチェックします。これまでの健診の内容と大きな違いはありませんが、発達度合いのチェックでは自分ひとりで立てることや伝い歩きができるかがポイントになります。ただ、まだ生後12カ月ごろでは発達度合いの個人差が大きく、実際、1歳ぐらいで歩ける子どもは全体の半数ほどですので、それほど気にしなくて大丈夫です。

 2歳健診の内容と注意点

2歳健診を行う自治体は少ないです。実施しているところでは、だいたい2歳半ぐらいまでに歯科健診という形で行うことが多いでしょう。

2歳にもなると上下ともに奥歯が生え、乳歯は生えそろった状態になります。健診では生えてきていない歯はあるか、歯並びはどうか、虫歯はないかといったことをチェックします。フッ素を塗ってくれるところもあるようです。

歯科健診が中心といっても、自治体が育児を支援する重要な機会ですので、子育てに不安がある場合は何でも遠慮なく相談してください。最近では育児のサポートが得られずに孤立しているお母さんも多いと聞きます。もちろん、子どもの発達度合いで気になることがある場合も遠慮なく相談してください。自治体にはそこで暮らす子どもの発達度合いを把握する必要があります。

さらに、自治体にとっては、育児の様子以外に各家庭の問題を発見するという目的もあります。経済的に困っていないか、DVはないかといったデリケートな問題にも行政はしっかり目を向けています。育児は家庭でだけするものではなく、地域全体で行うものです。お住まいの自治体で実施されるのであれば、なるべく受診しておきましょう。

 乳幼児健診は育児についてスペシャリストに相談できる貴重な機会

乳幼児健診は、医師や看護師、保健師など育児についてスペシャリストに相談できる貴重なチャンスです。

また、自治体にとっては、子どもの発育状態を把握する以外にも、各家庭が問題を抱えていないかチェックする重要な機会でもあります。定期健診はもちろん、任意健診も実施されるものはなるべく全て受診しましょう。

健診の際、育児について気になることや不安なことは遠慮なく相談してください。いざお医者さんを前にすると聞こうと思っていたことを忘れてしまったということもありますので、事前に相談したいころをメモにまとめておくと良いですね。母子手帳の記録欄を利用するのもよいでしょう。

任意健診だけでなく定期健診も受けなかったら

足の裏

乳幼児の定期健診は、自治体が実施するように母子保健法という法律で定められた健診です。受けさせないからといって親に罰則があるわけではありませんが、さまざまな不都合が生じます。

また、任意健診は「任意」とあるように必ず受けなければならないというものではありませんが、赤ちゃんが健康に成長していることを確かめる大切な機会ですから、こちらもなるべく受けた方がよいでしょう。

定期健診を受けないと保健センターから電話があり、それでも受けないと家庭訪問がある

子どもに定期健診を受けさせないと、まずは受診するように保健センターから電話がかかってくるでしょう。「うちでは必要ない」と断っても、またしばらくたったら電話がかかってきます。

何度電話しても定期健診を受けなければ、しまいには保健センターから保健師さんが家庭訪問にきます。自治体としては受けてもらう必要があるので、この処置は当然のことです。

児童虐待を疑われることもある

定期健診を受けるように保健センターから電話がかかってきても受けさせず、家庭訪問にも応対しないことが続くと、自治体から児童虐待の予備軍に認定されることは確実です。

任意健診はともかく定期健診は必ず受けることになっています。平日なので時間がないと言い訳したところで、「子どもよりも優先することがそんなにあるのか」と思われます。少なくとも都合が悪い時は連絡してください。

児童手当の不正受給を疑われることも

母子家庭で周囲の人とあまり交流のない場合、児童手当を不正受給しているのではないかと疑われることもあります。

定期健診は子どもの発育をチェックするだけでなく、各家庭の状況や問題を把握するための自治体にとって重要な機会です。それすら受診してくれないようでは、自治体は子どもの発育も家庭の状態も把握しようがありません。「良からぬことをしているのではないか?」と疑われるのも仕方のないことです。

定期健診は必ず受診すること

各家庭で育児についてさまざまな考えがありますし、共働きの家庭など平日に時間が取れないこともあります。自治体の実施する健診以外の場で子どもの健康を管理できている場合などもあるので、任意健診を全て受診すべきとも強制はできません。

ただし、定期健診は受診してください。自治体にとって定期健診は子どもの発育と家庭の状況を把握するための重要な機会であり、母子保健法という法律でも実施することが定められています。

禁錮や罰金などの直接的な罰則があるわけではありませんが、定期健診も受けさせないようでは、「子ども以上に大切なことがどれほどあるのか?親は虐待しているのではないか?」と疑われても仕方ありません。

定期健診で再健診と判断されても大丈夫

定期健診では次のような場合に再健診となる場合があります。「体重の増加が標準より少ない、もしくは体重が減っている」、「首がすわっていない(3~4カ月健診の場合)」、「反応や反射が鈍い」、「消失しているべき原始反射がまだ残っている」などです。

医師や保健師からこのように判断されると、生後6~7カ月ごろに再健診を行います。それまでに保健師は家庭訪問や面接を行なって、赤ちゃんの状態をチェックするのが普通です。

再健診と判断されると、新米のお母さんのなかには「自分の育児が間違っていたのだ」と深刻に受け止めて落ち込む人がいます。しかし、単に標準から外れているだけのことなので、心配しなくても大丈夫です。

 再健診になってもほとんどは問題ない

定期健診で再健診と判断されても、あなたの育児が間違っていると判断されたわけではありません。平均的な乳幼児の発達度合いの数値から外れているので、「異常」と判断しているだけのことです。

育児の方法が間違っているのであれば、単に再健診を指示されるだけでは済みません。また、深刻な障害や病気が発見されたのであれば、すぐに治療や入院を勧められるでしょう。再健診というのは、しばらくしてもう一度様子を見ましょうというだけのことです。早急にどうにかしなければならないような問題のある事態ではありません。

子どもの発育には個人差があります。再健診になったからといって落ち込む必要はなく、注意深くチェックしてもらえると前向きに捉えましょう。

再健診の費用は原則無料

再健診と判断された場合は、数カ月後にもう一度健診を受けて子どもの発育をチェックしてもらえます。つまり、よその子よりも頻繁にお医者さんに健康を調べてもらえるということです。病気の兆候など少しでもおかしなことがあれば早めに発見できるわけですから、これは考えようによってはありがたいことです。

再健診の費用は自治体が負担してくれるので、原則として無料で受けられます。無料で詳しい検査が受けられて、子どもの病気を予防できることを考えれば、再健診と判断されたからといって落ち込む必要はないことがお分かりでしょう。

 心配な場合は小児科で相談しよう

定期健診で引っかかって再健診と判断されても、ほとんどの場合は深刻に受け止める必要がないことを説明しました。

しかし、特に初めての育児だというお母さんの場合、赤ちゃんの健康や育て方についていろいろ心配や不安があるでしょう。それは当然のことです。そんな不安や心配があるなら、小児科ではいつでも相談に乗ってもらえます。

健診で異常と判断された内容について詳しく知りたい場合も、気軽に小児科の先生に相談してみましょう。体重の増加や授乳のリズムやタイミングについての指導も大抵の小児科で行っています。些細なことでもかまわないので、気になることがある時は気軽に相談してください。

まとめ

乳幼児健診は、一般的な健康診断のように身長や体重を測定するだけが目的ではありません。赤ちゃんが健康に成長していることをチェックし、自治体がそれを把握することを目的に実施されています。

乳幼児健診によって子どもの成長や発達の度合いを把握することで、自治体は一人一人の子どもに適切な健康管理や保健指導が行えます。見過ごされやすい病気や障害も早めに発見できるので、早期の治療につながる大切な機会です。また、子どもの健康だけでなく育児を行う家庭の支援にもなります。

育児は一人で行うものではありません。たとえ母子家庭で母と子の二人きりであっても、育児は地域ぐるみで行うものであり、自治体はそれをサポートする義務があります。そのため、定期健診はもとより、任意健診でも自治体が費用を負担してくれるところが多いです。ですので、法律で定められている定期健診はもちろん、任意健診も実施されるものはなるべく受診しておきましょう。

育児にはさまざまな心配や悩みが付き物です。特に育児が初めてのお母さんは不安になりやすいでしょう。乳幼児健診とは、そんな親に対してお医者さんや保健師さんなどの専門家がアドバイスしてくれる貴重な機会です。

サプリ人気の身長サプリ
ランキング

  1. 1位のピン

    アスミール★★★★★

    アスミール

    全項目で高評価を獲得!専門家推奨の身長サプリ

    アスミールは品質、安全性、価格や口コミなど、総合的にバランスの取れた身長サプリです。カルシウムを含め成長に必要な栄養素を過不足なく配合。コスパもよく1日の価格はわずか118円で続けられるのも魅力的。現在はお試しモニター実施で500円で購入可能♪

  2. 2位のピン

    カラダアルファ★★★★

    カラダアルファ

    余計な添加物なし!手軽に飲める身長サプリ決定版

    10代の成長期に必要な栄養素が含まれた厳選素材を組み合わせたタブレット身長サプリの決定版。現在、最もランキング1位に近い商品です。アレルゲンフリーなのでどんなお子さんでも安心して続けれます。いろいろなサプリを試してきて続かなかった子供や、部活やスポーツで忙しい小中高生に愛用者が多いのが特徴。

  3. 3位のピン

    プラステンアップ★★★★

    プラステンアップ

    中高生に特化した身長サプリ!定期縛りなし&全額保証付き

    中高生に特化した身長サプリ!定期縛りなし&全額保証付き テキスト:プラステンアップは中高生に必要な栄養素をサポートする身長サプリです。品質、安全性、価格ともに3拍子揃った商品です。はじめての方でも試しやすいように定期縛りなし&全額保証付きのサービス対応。初回が80%OFFの1,980で試せるのも魅力的!