子供の成長豆知識

小中高で人気がある各スポーツ別の平均身長は?

フィールド

小中高校生で人気があるスポーツはいくつかありますが、その各スポーツの選手の平均身長はどれくらいなのでしょう。スポーツによって身長の差はあるのでしょうか。

明らかに身長が高い方が有利なスポーツがありますが、そのスポーツでも身長が低い人も活躍しています。中には世界で活躍している人もいるくらいですから、身長がすべてというわけではないのでしょう。

成長期の子どもたちに人気があるスポーツ別に、プレーしている人の平均身長を調べてみましたので参考にしてみてください。

スポーツは身長がすべてではない

笑顔の男の子

どんなスポーツでも、身長が高い方が良いと言われます。そう言われてみれば、身長が低い人を探してスカウトするようなスポーツはありません。

身長が高いとバスケットボールをやらないか、とかバレーボールをやらないか、野球をやらないかなどと声をかけられることがあります。

スポーツをやるにあたり、身長がすべてではありません。その人の素質もありますし、適性もあります。とても身長が高くてバレーボールに向いていそうだけれど、球技が苦手という人もいます。

身長が低くてもボールに向かっていくガッツがあり、ボールの扱いがうまい人ならバレーボールでもバスケットボールでも難なくこなすことができるでしょう。

このことから身長がすべてではないことがわかりますが、やはりどのスポーツにしても身長が高い方が有利になることが多いです。身長が低い人にとっては納得できないことが多いかもしれませんが、これは仕方がないことかもしれません。

しかし、身長が低くてもそのスポーツを諦める必要はありません。努力次第で活躍できる場はあるのです。

【種目別】スポーツ選手の平均身長データは

平均

「バレーボール」日本代表選手の平均身長データを公開(男女別)

バレーボール選手は身長が高い人ばかりと思われがちですが、リベロというポジションが導入されてからは身長が一般男女の平均くらいの選手も選出されるようになりました。

最新のバレーボール日本代表選手の平均身長を計算してみると、まず男子選手が188cm女子選手が176cmとなっています。この平均値は、リベロの選手も加えたものなので、数年前よりも男子の場合は少し低くなっています。

女子の場合も、リベロの選手を加えていますので大型選手が入ったとはいえ、平均身長は思ったほど伸びていません。

日本男子の選手の中にも、200cm台の選手が入団するようになり、女子の選手も身長180cm超えの選手が増えてきました。そのため、前衛での攻撃も多彩になり、世界と渡り合えるようになってきています。

日本男子の選手の中にも、200cm台の選手が入団するようになり、女子の選手も身長180cm超えの選手が増えてきました。そのため、前衛での攻撃も多彩になり、世界と渡り合えるようになってきています。

バレーボールでは身長が高いとメリットが多い?デメリットはある?

バレーボール

バレーボールはネットを挟んでボールを打ち合う競技ですが、ネットの高さは決まっておりその上を通過する高さは上限がありません。ですからネットの上であればどれだけ高いところから打ち下ろしても問題はありません。

ネットの高さは男子が243cm、女子が224cmと決まっているので、その上に手が長く出た方が有利になります。

身長が高いとあまりジャンプをしなくても手が出るのでブロックもやりやすいですし、ジャンプをすればかなり高い位置からスパイクを打ちこめるので身長が高いと攻撃しやすいメリットがあります。

身長が高い選手が前衛に並んだだけで相手からは壁のように見え、威圧感が与えられるのでメリットは大きいでしょう。

ネット際のプレーだけでなく、後衛でレシーブする時でも身長が高いと踏み出す一歩が大きいのと、リーチも長いので体から離れたところに落ちそうなボールでも届きやすくなります。

バレーボールで身長が高いことがデメリットになるのはあまりないのですが、強いて言えばスタミナ切れが早いことかもしれません。

体が大きい分、消費カロリーも多いですから早くバテることがあります。しかしこれはトレーニングすれば改善できるので問題はないでしょう。

「バスケットボール」日本代表選手の平均身長データを公開(男女別)

バスケットボールも、身長が大いに関係するスポーツと言えます。外国のバスケットボールの試合を見ていると、とても大きな選手が多く、ダンクシュートが面白いように決まっていますし、あんな高さのゴールにつかまるなんてとんでもないジャンプ力だと驚いてしまいます。

日本代表選手は、どれくらいの身長なのでしょう。日本男子選手の平均身長は、191.6cm日本女子選手は177.1cmとなっています。

男子では200cm超えの選手が何人かおり、外国人選手と大差はありません。男子選手としては低めなのではという170cm台の選手が数名います。

一方女子では180cm超えの選手がたくさんおり、190cm台の選手も少しいます。この選手たちで平均身長を上げているのかもしれませんが、バスケットボール選手では低めなのではと思われる身長(160cm台)の選手も数名います。

男子選手の中には、身長が170cm台と低い方ですが世界の舞台で活躍した選手もおり、バスケットボールも決して身長がすべてではないのだということがわかります。背が低いからバスケットボールはできないと諦めることはないのです。

バスケットボールで身長が高いとどんなメリットがある?デメリットはないの?

バスケットボールは305cmの高さがあるゴールにボールをどれだけシュートできるかを競うものですから、身長が高い方が少し手を伸ばせば届きますし、高い位置でパス回しができるので相手からボールを奪われることは少ないです。

また、身長が高いと手足もその分長いですから一歩が大きいのも有利になります。身長が10cm違うと、手を上に挙げた時の高さもそれだけ違うので、背が高い選手から背が低い選手がボールを奪うのは難しくなります。

一方デメリットは身長が高い人がドリブルをすると相手にボールを奪われやすいことです。身長が高いとドリブルをする位置も高くなります。ト

相手にとってはバウンドが高くなるのでボールが奪いやすいのです。また、身長が高い選手は体格も大きくなるのでスタミナ切れが起こりやすいのがデメリットでもあります。

試合の最初は動きも機敏だった選手が、後半になると足取りも重くなり動きが悪くなることがありますが、それはスタミナ切れなのです。

こういった選手は、比較的身長が高い人に多いと言われています。もちろん、背が高い人すべてがそうではありませんが、その傾向が強いということです。

「野球」日本代表選手の平均身長データを公開(男性)

野球

プロ野球選手の中からさらに優秀な選手を選んだ野球の日本代表選手「侍ジャパン」のメンバーの平均身長は、181.1cmあります。昔と比べると野球選手も全体的に身長が高くなりました。

侍ジャパンのメンバーを見ていても、186cm前後の選手が多く、一番低い選手で171cmです。アメリカのメジャーリーグの選手の平均身長はピッチャーで188cm、野手で184cmと言われていますから日本選手は少し小さいと言えます。

野球選手も大型化してきており、日本人の野球選手が180cmを超えるのは考えられませんでしたが、食生活の変化や運動方法によって身長が伸びたと考えられます。

体格が良くなってきたため、日本からアメリカのメジャーリーグに行って活躍する選手も増えてきています。体格や体力の差が昔はかなりありましたが、今ではほとんど変わらなくなってきているのです。

これからプロ野球に入団してくる選手たちも、かなり体格が良い人が集まっています。野球の技術だけでなく、体の鍛え方についても本人や指導者がよく勉強していると言えるでしょう。

野球で身長が高いとどんなメリットがある?デメリットはないの?

野球についても、身長が高い方が有利であると考えられています。日本野球機構に加盟している球団では、入団テストの時に身長175cm以上と応募条件に揚げているところもある(すべての球団ではない)くらいです。

しかし、ドラフト会議で指名し入団した選手にはそのような条件は付けていないため、175cm以下の選手でもプロ入りしている人はいます。

野球で身長が高いとどんなメリットがあるのかですが、ピッチャーの場合、マウンドという少し高くなった場所から投げますが、身長が高いとビルの2階から投げているようにバッターからは見え、速い球が来たら打てないと言われています。

また、一塁手や三塁手に背が高い選手を使うことが多いと言われ、その理由として送球を捕球する範囲の広さ(ベースを踏みながら捕球することが多いため)と、送球する選手がどこへ目がけて投げれば良いかわかりやすい(的がわかりやすい)からです。

ではデメリットはというと、長身でピッチャーをした場合、手足が長いためにボールを投げる時に大きな遠心力を受けてしまいます。そのため故障しやすいのです。

また、手足が長いためにムダな動きが増え、筋肉に負荷がかかるため故障のリスクがあると言われています。

「サッカー」日本代表選手の平均身長データを公開(男女別)

サッカー選手

サッカー日本代表男子、「サムライブルー」のメンバーの平均身長は178.6cm、サッカー日本代表女子「なでしこジャパン」のメンバーの平均身長は162.9cmです。

バレーボールやバスケットボールのような、飛びぬけて大きな選手はいないのがサッカーの特徴でもあります。しかし、サッカーもポジションによって身長が大きく関係してくるので、そのあたりも考慮して選出しています。

サッカーの試合を見ていると、身長が低い選手は広いピッチ内を縦横無尽に走り回り、相手の動きを見て指示を出したり、足元の技術がずば抜けて優れていたりするので技術さえあれば身長が低くても十分日本代表として活躍することができます。

実際にチーム内では身長が低い方になりますが、海外のチームで大活躍している選手はたくさんいるので、サッカー少年、少女にとっては憧れ、目標になるのではないでしょうか。

身長が低いからスポーツには向かないということは一切ありませんので諦める必要は全くありません。

サッカーで身長が高いとどんなメリットがある?デメリットはないの?

サッカーはバレーボールやバスケットボール、野球などと比べても身長差の影響は少ないスポーツだと言われています。ゴールやネットが高い場所にありませんから、身長はあまり影響しないのです。

しかし、ポジションによっては身長が高い方が良い場合があります。サッカーの場合はゴールキーパーやディフェンダーです。

ゴールキーパーとディフェンダーは、ボールが高い位置にある時、ヘディングで相手選手と競い合うことが多いです。身長が高いとジャンプの高さに差が出ますから背が高い方が有利になります。

フォワードについても、身長が高いとポストプレーの的になるのと、ヘディングでシュートをする時に高さがある方が有利なので身長が高いとメリットが多いです。

サッカーで身長が高いとデメリットになることはあるのかですが、サッカー選手の場合、長身だからといって何ら不都合な点はありません。サッカーに関しては、デメリットはほとんどなく、メリットばかりであると言えるのではないでしょうか。

サッカーは、身長が高い人も低い人もそれぞれに活躍の場があるスポーツです。

「水泳」日本代表選手の平均身長データを公開(男女別)

水泳

ここ数年、オリンピックなどの世界大会での日本人選手の活躍が目立つのが水泳ではないでしょうか。水泳は身長の高さなどはあまり関係ないのではと思われていますが、どうなのでしょう。

現在、活躍している水泳日本代表選手の平均身長データを見てみましょう。

2014年のアジア大会に出場した代表選手の平均身長は、男子が179cm、女子が165.2cmでした。

そして2016年のリオオリンピックに出場した代表選手の平均身長は、男子が181.3cm女子が166.5cmとなっています。

リオオリンピックに出場した選手の平均身長の方が高くなっており、水泳選手も年々身長が高くなってきており、バレーボールやバスケットボールほどではありませんが、ある程度身長の高さはあった方が良いのではと考えられています。

身長が高いとそれだけ手足も長くなりますし、水中で蹴伸びをした場合でも背が高い方がそれだけ前へ進みます。

タッチの差でタイムが決まるわけですから、少しでも早くタッチするなら手足が長い方が有利になります。同じ力で水をかいても進む距離は身長が高い分伸びると考えれば、やはり身長が高い方が良いでしょう。

「水泳」で身長が高いとどんなメリットがある?デメリットはないの?

水泳はネットやゴールが高い位置にあるスポーツではありません。ジャンプをする必要もなく、自分自身が速く泳げば良い成績が出せるスポーツです。

種目によっては身長が高いとメリットがあると言われていますが、その種目が背泳です。背泳はプールの壁を蹴って体を伸ばしてスタートします。身長が高いとそれだけ人より前へ行けるのがメリットです。

水をかいたりキックするのも身長が高い方が良いのではと思われますが、手足のサイズに大きく影響されるもので、身長差はあまり問題にならないと考えられています。

しかしクロールやバタフライは手で大きく水をかくため、身長が高いと手足も長いのでその分有利なのではと言われています。

水泳で、身長が高いのが不都合であるというケースはあまりありません。ですからデメリットはほぼないと言えるでしょう。身長が高いために泳ぎが遅くなったとか、フォームが崩れるといったことはありません。

水泳は身長が高いから断然有利というスポーツでもなく、背が高くても低くても技術でカバーできればメダリストになれるスポーツだと言えるでしょう。

身長が低くても諦める必要は全くなし

グー

スポーツのほとんどは、スピードやパワー、高さなどが関係するため身長が高い方が有利であるのは間違いありません。特にバレーボールやバスケットボールなど、ネットやゴールが高いところにあるスポーツは身長が高いに越したことはありません。

しかし、バレーボールやバスケットボールでも、身長が160cm、170cm台の選手はたくさんいます。日本女子バレーボールでは、150cm台の選手も過去にいましたし、バスケットボール日本男子でも、世界で活躍する選手の身長は170cm台です。

高さを競う場面では身長が高くないと競り負けてしまうでしょうが、それ以外のプレーなら身長が低くても全く問題なく、対等にプレーすることができます。

もちろん、技術の向上のための努力は人一倍必要になりますが、ただ身長が低いからというだけで好きなスポーツを諦めることはありません。身長には関係なく、誰もが選手になれる可能性があるのです。

成長スパート期にタイミングを合わせれば身長は伸びる

笑顔の男の子

子どもの成長期は身長が伸びる時期なのですが、この時期の過ごし方によって身長が順調に伸びるか伸びないかが変わってきます。

身長が急激に伸びる時期は、第一次性徴と第二次性徴の2回あります。第二次性徴の頃は成長スパート期とも言われ、ここで10cm近く伸びる子もいます。

身長を伸ばすには成長ホルモンの分泌と骨の成長が大切です。成長スパート期に「食事、運動、睡眠」の3つをしっかり取る(行う)ことを心がけましょう。

NHKの「伸びが止まった!?日本人の身長」によると、特に最近の子どもたちは運動不足気味です。

成長期の運動不足は身長の伸びに大きく影響しますので、成長スパート期には食事、睡眠も大事ですが運動を積極的に行うようにすると良いでしょう。

まとめ

小中高生に人気のあるスポーツの多くは、身長が高い方が有利ではないかと言われています。バレーボールやバスケットボール、サッカー、野球、水泳などがそうです。

バレーボールやバスケットボールはネットやゴールが高い位置にあるため、そこを目がけてジャンプしたりボールを打ったり投げたりするには身長が高い方が確かに有利です。

しかし、サッカーや野球、水泳は高い位置にネットもゴールもないので、基本的に身長が低くても問題なくプレーできます。では、バレーボールやバスケットボールの場合、身長が低いと選手になれないのかというとそうではありません。

バレーボールは身長が低い人にぴったりのリベロというポジションがありますし、バスケットボールでは身長が低い人は低い位置で小刻みにドリブルをするため、相手にボールが奪われにくいというメリットがあります。

サッカーや野球、水泳についても身長が高いと有利なことはあるのですが、身長が低くて不都合があるということはありません。

成長期の頃に身長が伸びるように食事、睡眠をしっかり取り、運動を行うようにして成長ホルモン分泌と骨の成長を促すようにしましょう。食事については、毎日栄養バランスを考えて作るのは大変なので、身長サプリを取り入れるようにすると良いでしょう。

サプリ人気の身長サプリ
ランキング

  1. 1位のピン

    アスミール★★★★★

    アスミール

    全項目で高評価を獲得!専門家推奨の身長サプリ

    アスミールは品質、安全性、価格や口コミなど、総合的にバランスの取れた身長サプリです。カルシウムを含め成長に必要な栄養素を過不足なく配合。コスパもよく1日の価格はわずか118円で続けられるのも魅力的。現在はお試しモニター実施で500円で購入可能♪

  2. 2位のピン

    カラダアルファ★★★★

    カラダアルファ

    余計な添加物なし!手軽に飲める身長サプリ決定版

    10代の成長期に必要な栄養素が含まれた厳選素材を組み合わせたタブレット身長サプリの決定版。現在、最もランキング1位に近い商品です。アレルゲンフリーなのでどんなお子さんでも安心して続けれます。いろいろなサプリを試してきて続かなかった子供や、部活やスポーツで忙しい小中高生に愛用者が多いのが特徴。

  3. 3位のピン

    プラステンアップ★★★★

    プラステンアップ

    中高生に特化した身長サプリ!定期縛りなし&全額保証付き

    中高生に特化した身長サプリ!定期縛りなし&全額保証付き テキスト:プラステンアップは中高生に必要な栄養素をサポートする身長サプリです。品質、安全性、価格ともに3拍子揃った商品です。はじめての方でも試しやすいように定期縛りなし&全額保証付きのサービス対応。初回が80%OFFの1,980で試せるのも魅力的!