子供の成長豆知識

水泳は身長が伸びるスポーツ?プロの身長から考察!

水泳

水泳は小学生の習い事ランキングでも上位に入る人気スポーツです。全身運動になりますし、体を鍛えることが出来る、風邪を引かない強い体を手に入れられるなどのことから水泳は習い事として高い人気があります。

そんな水泳は身長を伸ばす効果があるのか気になる方は多いでしょう。身長を伸ばすスポーツというと、バスケットやバレーボールなどが有名です。しかし水泳はそこまで身長が必須というスポーツという訳ではありません。

果たして水泳を幼いころから習っていると身長が変わるのかどうか、身長が高いと水泳の記録に関係があるのかどうかを調べてみました。

水泳と身長の関係性

選ぶ

身長を伸ばすためには運動は欠かせません。しっかりと栄養を取っていても、たっぷりと睡眠を摂っていても、適度な運動をして筋肉や骨を刺激しなければ背を十分に伸ばすことは出来ません。

それでは、水泳には身長を伸ばす効果はあるのでしょうか。スポーツで身長を伸ばすためには二つの要素が必要です。

一つ目の要素「縦方向の刺激」

一つ目は、骨に対して縦方向の刺激が加わるかどうかです。これは、特に下半身の骨が縦の方向に刺激されることによって伸びる効果を発揮するといわれています。

そのため、よくジャンプをするスポーツであれば縦への刺激を十分に感じることが出来て、身長を伸ばす効果を得られます。バスケットボールやバレーボールといったジャンプをするスポーツが当てはまります。

二つ目の要素「軟骨への刺激」

二つ目は軟骨に刺激が与えられるかどうかです。全身運動をすると、骨が伸びたときに軟骨に適度な刺激が加わり、身長を伸ばす効果があります。

ジャンプをしたり縦方向に刺激を加えることは出来ませんが、水泳は全身運動なので軟骨に刺激を与えることが出来ます。そのため、何も運動をしないよりは水泳を行うことで身長を伸ばす効果は得られます。

特にクロールや背泳ぎは縦方向への刺激を与えることが出来ますし、背筋も伸びるので、背を伸ばす効果を得やすいです。

水泳は身長を伸ばす効果があるんですね。
水泳は全身運動なので軟骨に刺激を与えることが出来ます。骨が伸びたときに軟骨に適度な刺激が加わり、身長を伸ばす効果があります。

水泳のジュニア国際大会の代表メンバーの身長

水泳ジュニア

水泳のジュニア国際大会代メンバーともなると、幼少期からたくさん水泳をしていた人ばかりでしょう。そんな代表メンバーの身長を見てみると、水泳と身長の関係がわかるかもしれません。

たとえば、13歳から17歳までの日本の代表メンバーの平均身長は男子171センチ、女子161センチと平均よりも若干高いくらいです。

もう少し詳しく代表メンバーの身長について調べてみました。

「2017年度オーストラリア遠征」代表メンバーの身長

パソコンで悩む女性

2017年度オーストラリア遠征の代表メンバーは男子10名、女子9名でした。年齢は18歳から15歳です。

男子の代表メンバーの身長を見てみると、一番背が高くて188センチ、一番背が低くて170センチです。全員の平均身長は175.8センチでした。成人男性の平均身長と比較をしてみても高身長だといえます。

女子の代表メンバーの身長を見てみると、一番背が高くて169センチ、一番背が低くて154センチです。全員の平均身長は162.6センチでした。こちらも成人女性の平均身長と比較をしてみても高身長だといえます。

男女ともに一番身長が高いメンバー、低いメンバーは18歳から17歳のメンバーなので、これから格段に伸びるというわけではありません。

代表メンバーの身長を見ると、身長が高いメンバーが目立ちますが、平均身長よりも低いメンバーでも十分代表メンバーに選ばれる可能性があるといえます。

「ジュニアブロックシンガポール遠征」代表メンバーの身長

スマホ

ジュニアブロックシンガポール遠征代表メンバーは、男女ともに20名ずつです。年齢はそれぞれ13歳から17歳となっています。

男子の代表メンバーの身長は、一番背が高くて17歳184センチ、一番背が低くて15歳162センチでした。平均身長は171.9センチです。

日本人男子の平均身長くらいではありますが、年齢層が低いことから平均よりは高い身長といえるでしょう。

女子の代表メンバーの身長は、一番背が高くて15歳と16歳の168センチ、一番背が低くて13歳と14歳の154センチでした。平均身長は161.05センチです。こちらは成人女性の平均身長よりも高い数値となりました。

男女ともに一番身長が低い選手は中学生ということで、これからも伸びしろがあるかと思います。その点も踏まえて代表選手の身長は平均よりも高めではありますが、平均身長の選手も多く活躍しているスポーツです。

日本代表選手の平均身長

比べる

日本代表選手の身長を見てみると、将来的にどれだけ伸び代があるのか、水泳は身長が伸びるスポーツなのかどうかがわかるはずです。

実際に日本の水泳のトップクラスの選手の平均身長はどのくらいなのでしょうか。また、一番背が高い人、背が低い人はどのくらいなのでしょうか。

身長が関係ないスポーツとは言われていますが、本当に小柄な選手でも活躍できる競技なのかどうかもあわせて調べていきましょう。

「リオ五輪出場」水泳代表メンバーの身長

虫眼鏡

第31回リオ五輪オリンピックの水泳出場者の身長について調べてみました。

男子フリーに出場したのは19歳から26歳の合計9名です。一番身長が高かった選手が193センチ、一番身長が低かった選手が174センチです。平均身長は180センチでした。

特に一番高身長の193センチは世界的に見ても高身長だといえます。また、身長は170センチ後半の方が多く、日本人の平均よりもずっと高いといえるでしょう。

女子フリーに出場したのは15歳から27歳の合計10名です。一番身長が高かったのが174センチ、一番身長が低かった選手が156センチです。平均身長は165センチでした。

女子のほうも成人女性の平均身長よりもずっと高い数値となりました。特に女子で一番身長が高い選手は、男性の平均身長よりも高い数値となっています。

しかし男女ともに平均身長くらいの選手もいるのが事実です。平均身長くらいあれば、十分代表選手メンバーにも選ばれる可能性があります。

「仁川アジア大会」代表選手の身長

スマホを触る女性

仁川アジア大会に出た選手は、男子18名、女子19名です。

男子の中でも最も高身長だったのは、塩浦慎理選手の188センチです。一方一番小柄なのは平井健太選手の172センチでした。

180センチ代も目立つ代表メンバーでしたが、平均身長は181.3センチです。日本人の中でも比較的身長が高い人が揃っているようです。

女子の中でも最も高身長だったのは、金藤理絵選手の175センチです。一方一番小柄なのは清水咲子選手の155センチです。

女子の代表選手は170センチ代、160センチ代が多く150センチ代は一部のみです。平均身長は166.5センチでした。

このように、男女ともに成人男女の平均身長を大きく上回る平均値となっています。しかし必ずしも高身長な選手ばかりという訳ではなく、平均身長でも十分活躍している選手はいます。

また、水泳代表選手だからといって全員が高身長というわけではありませんでした。

日本代表・歴代メダリスト(ロンドン大会)の身長は?

オリンピック

一部の大会出場メンバーに絞っての身長平均を出してみましたが、水泳選手の中でも歴代メダリストを選出して身長を考察していきたいと思います。

日本は世界的に見ても小柄です。しかし世界の中でもトップクラスの実力を持つ水泳選手は、世界的に見て小柄なのでしょうか。それとも他国と並んでも引けを見ないほどの高身長な選手ばかりなのでしょうか。

男性一覧

男性選手の身長や体重を確認していきましょう。

萩野 公介選手

萩野 公介
(画像出典:日本オリンピック委員会「水泳・競泳日本選手団」)

萩野公介選手は、1994年8月15日生まれ、栃木県出身の競泳選手です。身長177センチ、体重71キロと恵まれた体格を持っています。泳法は個人メドレー、背泳ぎ、自由形、ブリヂストン所属です。

萩野公介選手は、リオデジャネイロオリンピック400メートル個人メドレー金メダル、200メートル個人メドレー銀メダル、4×200メートルフリーリレー銅メダル、ロンドンオリンピック400メートル個人メドレー銅メダルの経歴を持っています。

水泳を始めた時期

水泳を始めたのは小学校1年生の頃からでした。この頃は自由形、平泳ぎ、バタフライ、背泳ぎの4種類を泳げることを目標に習っていましたが、その後御幸ヶ原スイミングスクールに入り本格的な共栄選手コースに進むようになりました。

高校進学後は日本選手権水泳競技大会で男子400メートル個人メドレー2位入賞、パンパシフィック水泳選手権日本代表選手にも選ばれます。

オリンピック初出場となったのは2012年、日本選手権水泳競技大会男子400メートルで日本新記録を出したことがきっかけでした。

オリンピックだけではなく様々な世界大会で多くのメダルを獲得している選手です。

入江 陵介選手

入江 陵介
(画像出典:日本オリンピック委員会「水泳・競泳日本選手団」)

入江陵介選手は1990年1月24日生まれ、大阪出身です。身長178センチ、64キロ、イトマン東進所属の選手です。

2012年ロンドンオリンピックにて男子200メートル背泳ぎで銀メダル、男子400メートルメドレーリレーで銀メダル、男子100メートル背泳ぎで銅メダルを獲得しています。

水泳を始めた時期

水泳は0歳のベビースイミングから始めていました。小学校2年生からイトマンスイミングスクール玉出校に通い始め、中学生になってからは本格的に背泳ぎの選手としての道を歩み始めました。

中学卒業直前の試合では、100メートルと200メートルの背泳ぎでどちらも日本中学記録を樹立しています。

高校に入ると高校総体200メートル背泳ぎで優勝、日本選手権で200メートル背泳ぎで日本高校生新記録、カナダのビクトリアで行われたパンパシ水泳で200メートル背泳ぎ4位など、高校時代から活躍しています。

2009年男子100メートル背泳ぎ、男子200メートル背泳ぎ、男子400メートルメドレーリレーでいずれも金メダル、2011年男子50メートル背泳ぎ、200メートル背泳ぎ、400メートルメドレーで金メダルを獲得しています。

北島 康介選手

北島 康介
(画像出典:日本オリンピック委員会「水泳・競泳日本選手団」)

北島康介選手は1982年9月22日生まれ、日本コカコーラ所属の元水泳選手です。身長178センチ、体重72キロ、東京都荒川区出身です。

2004年アテネオリンピック男子100メートル平泳ぎで金メダル、200メートル平泳ぎで金メダル、400メートルメドレーリレーで銅メダル。

2008年北京オリンピックで100メートル平泳ぎで金メダル、200メートル平泳ぎで金メダル、男子4×100メートルメドレーリレーで銅メダルをはじめ、数多くのメダルを獲得しています。

水泳を始めた時期

北島康介選手選手が水泳を始めたのが5歳の頃でした。東京スイミングセンターで水泳を始めましたが、中学二年生のときに才能を見出されて本格的に水泳を始めるようになります。

その後高校三年生で出場したシドニーオリンピックで100メートル平泳ぎ4位入賞、日本新記録を果たしました。その後アテネオリンピック、北京オリンピックでオリンピック史上初平泳ぎ2大会連続2種目制覇を果たします。

オリンピック2大会連続2種目制覇は、日本人史上初でした。個人メドレーでも日本記録を保持していたこともあります。2016年4月で引退しましたが、日本を誇る水泳選手です。

松田 丈志選手

松田 丈志
(画像出典:日本オリンピック委員会「水泳・競泳日本選手団」)

松田丈志選手は1984年6月23日生まれ、宮崎県出身の日本の競泳選手です。身長184センチ、体重84キロ、泳法はバタフライと自由形です。

2008年北京オリンピック男子200メートルバタフライで銅メダル、2012年ロンドンオリンピック男子400メートルメドレーリレーで銀メダル、男子200メートルバタフライで銅メダル。

2016年リオデジャネイロオリンピックで男子800メートルフリーリレーで銅メダルを獲得しています。

水泳を始めた時期

松田丈志選手は幼少期から水泳を習っているものの、地方出身ということもあり本格的に水泳を学べる環境ではありませんでした。

当時通っていた水泳クラブはビニールハウスで出来たものでしたが、日本選手権で実力を発揮し代表の座を得るほどだったので、ビニールハウス生まれのヒーローなどと呼ばれることもあった程です。

2003年中京大学に進学してからは、恵まれた練習環境を得てどんどん実力をつけ、2004年アテネオリンピック、2005年世界選手権など国際大会の代表選手として多くの実績を残しています。

特にワールドカップやアジア競技大会、東アジア競技大会では数多くの金メダルを獲得しています。

藤井 拓郎選手

藤井 拓郎
(画像出典:日本オリンピック委員会「水泳・競泳日本選手団」)

藤井拓郎選手は1985年4月21日生まれ、大阪府出身の日本の競泳選手です。身長184センチ、体重75キロ、所属はKONAMI、泳法はバタフライ、自由形、個人メドレーです。

2008年北京オリンピック男子4×100メートルメドレーリレーで日本新記録銅メダルとなりました。また、2012年ロンドンオリンピックでは、男子4×100メートルメドレーリレーで銀メダルを獲得しています。

200メートル個人メドレー100メートルバタフライ、100メートル自由形の元日本記録時保持者です。

水泳を始めた時期

藤井拓郎選手が水泳を始めたのは3歳の頃からでした。兄が通っていたということで同じ水泳スクールに通っていましたが、小学生になるとサッカーチームにも入り、水泳とともに楽しんでいました。

本格的に水泳を始めるようになったのは小学4年生のときに出場したジュニアオリンピックからです。

このとき自己記録を更新する、成績がどんどん上がるなどを経験したおかげでだんだんと楽しくなり、中学生に入ってからは水泳一本に絞るようになりました。

早稲田大学スポーツ科学部在学中はとても厳しい環境下の元本格的な選手になるための訓練をしてきました。

立石 諒選手

立石 諒
(画像出典:日本オリンピック委員会「水泳・競泳日本選手団」)

立石諒選手は1989年6月12日生まれ、神奈川県出身の元競泳選手です。身長182センチ、体重70キロ、所属はミキハウス、泳法は平泳ぎでした。

2010年競泳日本選手権で50メートル平泳ぎ・100メートル平泳ぎ・200メートルの三冠を達成したことからポスト北島康介と注目を浴びるよう二なり、2012年ロンドンオリンピックでは男子200メートル平泳ぎにおいて、銅メダルを獲得しています。

水泳を始めた時期

立石諒選手が水泳を始めたのは4歳の頃でした。兄が水泳を習っていたことがきっかけではありますが、自分の意思で水泳をやりたいと伝えて習い始めたようです。

水泳は健康に良い、と祖父の勧めもあり習い始めることになりました。

水泳だけではなくエレクトーンやドラムも習っていましたが、中学に入り全国大会に出場し入賞をするようになってから水泳をずっとやっていきたいと強く思うようになり、水泳選手を目指すようになりました。

特に中学時代にアテネオリンピックで北島康介選手の活躍を見たのが、オリンピックという目標が生まれた大きなきっかけです。

2017年4月開催の第93回日本選手権水泳競技大会競泳競技で、現役を引退しています。

女性一覧

女性水泳選手の身長や体重、実績も紹介していきます。

鈴木 聡美選手

鈴木 聡美
(画像出典:日本オリンピック委員会「水泳・競泳日本選手団」)

鈴木聡美選手は1991年1月29日生まれ、福岡県出身です。身長168センチ、体重62キロ、所属はミキハウス、泳法は平泳ぎです。

2012年ロンドンオリンピックで女子200メートル平泳ぎ銀メダル、女子100メートル平泳ぎ銅メダル、女子400メートルメドレーリレー銅メダルを獲得しています。

水泳を始めた時期

鈴木聡美選手が水泳を始めたのは4歳の頃からでした。早くから水泳を始めるものの、中学時代高校時代は全国大会でも特に目立った実績のない選手でした。

しかし厳しい指導だと評判の山梨学院大学に進学することでどんどん力をつけて、大学1年生のときには学年選手権100メートル平泳ぎで日本記録を樹立し優勝するほどの実力をつけていました。

その後、2010年の日本選手権で平泳ぎ50メートル、100メートル、200メートルの三冠を達成し、アジア大会でも50メートルで三位、100メートルで二位の成績を残しています。

2012年日本選手権100メートル、200メートルで優勝したことがきっかけでオリンピック代表選手に選ばれました。

星 奈津美選手

星 奈津美
(画像出典:日本オリンピック委員会「水泳・競泳日本選手団」)

星奈津美選手は1990年8月21日生まれ、埼玉県の日本の元競泳選手です。身長164センチ、体重54キロ、所属はミズノ、泳法はバタフライです。

2012年ロンドンオリンピック200メートルバタフライで銅メダル、2016年リオデジャネイロオリンピックで200メートルバタフライ銅メダル、2015年カザン世界水泳選手権200メートルバタフライで金メダルを獲得しています。

水泳を始めた時期

星奈津美選手は1歳半のベビースイミング教室に通いはじめたことがきっかけで、水泳をはじめました。

高校に進学してからはインターハイで200メートルバタフライ2連覇を達成し、高校3年生のときには日本選手権200メートルバタフライ決勝において、高校新記録を樹立し2位となりました。

この大会がきっかけで、北京オリンピック代表に選ばれ、準決勝まで進出します。

2015年8月の世界水泳200メートルバタフライでは競泳女子の日本選手で大会史上初の金メダルを獲得、このことがきっかけで翌年のリオデジャネイロオリンピックを内定させました。

2016年10月には出し切れたと感じ、現役を引退しています。

加藤 ゆか選手

加藤 ゆか
(画像出典:日本オリンピック委員会「水泳・競泳日本選手団」)

加藤ゆか選手は1986年10月30日生まれ、愛知県出身の日本の元競泳選手です。身長159センチ、体重56キロ、所属は東京スイミングセンター、泳法はバタフライです。

2012年ロンドンオリンピック女子400メートルメドレーリレー銅メダル、ユニバーシアード2007年女子400メートルメドレーリレー金メダル、50メートルバタフライで銀メダルの成績を残しています。

水泳を始めた時期

幼少期から水泳を始めた加藤ゆか選手は、小学校時代にジュニア医オリンピックで優勝した経歴を持っています。

中学時代には全国中学校水泳競技大会で3位、高校時代ではインターハイで4位の成績を残し、山梨学院大学商学部商学科に進学します。

大学卒業後は東京スイミングセンターに所属し、平井コーチに指導を受けどんどんと成績を伸ばしていきました。

2005年アジア競技大会にて女子50メートルバタフライで銅メダルを獲得、2007年世界水泳日本代表選手に選ばれ、2007年7月に行われた山梨県内での大会では女子50メートルバタフライでは日本記録を更新しました。

2013年に国内トップのまま選手を引退してからは、スポーツを通じたプロモーション活動を行っています。

上田 春佳選手

上田 春佳
(画像出典:日本オリンピック委員会「水泳・競泳日本選手団」)

上田春佳選手は1988年4月27日生まれ、東京都出身の元競泳選手です。身長177センチ、体重68キロ、所属はキッコーマン、泳法は自由形です。

2012年ロンドンオリンピックで女子400メートルメドレーリレーで銅メダルを獲得しています。

水泳を始めた時期

上田春佳選手が水泳を始めたのは5歳の頃からでした。東京スイミングセンターに通い始め、中学時代も水泳にいそしむものの大会での目立った成績はありませんでした。

上田春佳選手が水泳選手として頭角を現し始めたのは高校生の頃でした。高校2年生2005年の都市に日本選手権で好成績を収め、同年7月に世界水泳デビューをします。

その後、インターハイに出場し200メートル自由形、400メートル自由形で二冠を達し、高校生日本記録も更新しました。

2007年に日本大学経済学部経済学科に入学してからは東京スイミングセンターと使い分けつつ練習に励みました。

2013年12月に現役引退を表明してからは、キッコーマン社員として働くようになります。2014年にはロンドン五輪男子代表メンバーの金田和也選手と結婚しました。

水泳選手は身長が高い方が有利なのか?

なぜ

水泳選手を見ると、世界的に活躍している選手は平均身長よりも大幅に高い選手が多いように感じられます。特に男子の代表メンバーを見ると、170センチ代後半から180センチ代の選手が多いです。

もちろん男子で170センチ、女子で160センチと平均的な身長の人がいるので、必ずしも高身長でなければいけない競技というわけではなさそうです。

水泳をやるなら身長は高いほうがよいのでしょうか。また、高身長の水泳選手が多いことから、水泳には身長を伸ばす効果があるのかどうかを調べて見ました。

水泳は高身長のほうが有利な競技である

グラフ

水泳は、低身長でも活躍が出来る競技ではありますが、高身長のほうが記録を伸ばしやすい競技です。

小柄な選手のほうが水の抵抗が少ない、素早く水中で動ける、という印象があるかもしれませんが、身長が高いとその分腕も長く、早く泳ぐことが出来ます。

水泳で大切なことは、1ストロークでどれだけ進むことが出来るかです。フリー、バタフライ、背泳ぎでは特に、一度腕を回すだけでどれだけ動くことが出来るかはとても大切なことです。

生まれつき腕が長い人もいますが、身長が高ければ高いほど腕も長く、早く泳ぎやすいです。また、身長が高いほうが早く進みやすいとも言えるでしょう。

どちらかといえば、高身長のほうが有利な競技です。

高身長のほうが有利なのですね。
身長が高ければ高いほど腕も長く、漕ぐ力が大きくなるので早く泳ぎやすいです

水泳は身長を伸ばす可能性も伸ばさない可能性もある競技

キリン

水泳選手に高身長が多い、ということで、水泳を幼少期から習っていると身長が高くなるのではと思う人も多いでしょう。

しかし、水泳は身長を伸ばす可能性も、伸ばさない可能性もある競技です。上手く水泳を生かすことが出来れば身長はぐんぐん伸びますが、人によっては伸びるはずだった成長を食い止める可能性があります。

そのため、誰もが水泳で身長が伸びるというわけではありません。一歩間違えると全然伸びない可能性もあるので、水泳で身長を伸ばそうと考えている人は注意をしましょう。

水泳は全身運動で身長を伸ばす器官を刺激するスポーツ

水泳

身長を伸ばすために重要な器官といえば、骨端線です。骨端線とは骨と骨のつなぎ目になっている部分で、この部分をしっかりとトレーニングできていれば身長を伸ばすことが出来ます。

逆に、成長期に骨端線をしっかりと鍛えることが出来なければ身長を十分に伸ばすことは出来ません。

一般的に骨端線は男性で25歳、女性で22歳で閉じるといわれているので、この年代までにしっかりと運動をする必要があります。

水泳をすると全身の筋肉をバランス良く動かすことが出来るので、全身の骨にも適度な刺激を与えてくれます。当然骨端線にも適度な負荷がかかり鍛えることが出来るので、身長が伸びる可能性があります。

水泳はエネルギー消費量が凄い

医者

ダイエットにも最適だといわれている水泳は、消費カロリー量がとても多いスポーツです。特に大会代表選手は、毎日沢山泳いで沢山カロリーを消費するので、摂取カロリーも膨大です。

20代男性の平均摂取カロリーは2500カロリーだといわれていますが、多くの競泳選手は一日4000カロリーを摂取しているといわれています。

ちなみに20代女性の平均摂取カロリーは2000キロカロリー前後ですが、女性競泳選手の平均摂取カロリーは3000キロカロリーだといわれています。

それでも太らず、逆三角形のスタイルを維持することが出来るのはそれだけ水泳がカロリーを消費する競技だからです。

1日5~6回も食事をする

兄弟で食事

水泳選手は一日5~6回食事を摂ることがほとんどだといわれています。1食で1000カロリー以上摂るのではなく、こまめにエネルギーを補給することで栄養を蓄えています。

一日三食だけではなく、練習前や午前午後の間食を摂ることで必要カロリーを満たすことが出来ます。

また、間食といってもお菓子を食べるのではなくエネルギーを十分に補給することが出来るパン、おにぎり、パスタといった軽食を取ることが多いでしょう。

特に夜の練習前は炭水化物やサプリメントなど、しっかりと体にたまるエネルギー源となる食事を摂る人が多いようです。

水泳をするなら良質なたんぱく質が重要

食品一覧

水泳を行ううえで重要なのが、たんぱく質です。水泳は全身運動なので、泳いだ後は激しく体が損傷しています。

激しい運動をした後に筋肉痛が起こるのは、運動をしたせいで体に負担が掛かっている証拠です。

そこで重要なのが、良質なたんぱく質です。新鮮な肉や魚、大豆製品、卵にはたんぱく質が豊富に含まれています。

たんぱく質は、運動をした後30分以内に食べることが良いといわれています。そのため、水泳をしたら出来るだけ早めにたんぱく質を摂取しましょう。

たんぱく質を摂ることで、体に必要以上に負担が生じず、栄養をしっかりと補給できるので身長を伸ばす効果が高まります。

栄養素

子供の成長に欠かせない大事な栄養素とは?どう補う?

子供の身長が伸び悩むと、どうしても親御さんは悩んでしまいます。特に同年代の子供と……続きを読む

日本は小柄でも世界に負けないために努力している

種類

日本の水泳選手の平均身長は比較的高めです。特に男子選手の身長は、日本人の平均から見ても高いでしょう。

しかし世界的に見ると決して高身長ではありません。世界で活躍する競泳選手は、2メートルを超える選手もいます。水泳は身長が高ければ高いほどリーチが長く有利になる競技です。

小柄な選手が多い日本ですが、瞬発力を磨いたり、筋肉を鍛えたりして、小柄でも平均身長でも、記録を作れるように日々努力をしています。

水泳をしているからといって伸びるというわけではありませんし、平均身長のままでも水泳で世界大会に出ている選手も多く存在します。

思春期の間なら水泳で身長を伸ばすことも可能?

水泳は、幼少期から激しく泳ぎすぎたり、筋肉を付けすぎると、逆に身長が伸びなくなってしまう可能性もあるスポーツです。しかし上手く運動をしていれば十分身長を伸ばす効果を得られるでしょう。

この効果は、ある程度の年齢まで続きます。必ず伸びる、という訳ではありませんが、10代のうちであれば水泳で身長を伸ばす可能性は十分にありえます。

小学校に入る前からやっていなくても、スポーツ選手を目指すほど勤しんでいなくても、水泳を定期的に行うことで身長を伸ばせる可能性が高くくなります。

しかしその際は、しっかりとたんぱく質を摂り無理のない範囲で行いましょう。

10代のうちであれば水泳で身長を伸ばす可能性はあるんですね。
水泳を定期的に行うことで身長を伸ばせる可能性が高いです。

まとめ

驚く子供

競泳選手は男性も女性も身長が高く筋肉がついていて格好良い体系、という印象が強いでしょう。そのため、水泳をしていれば、逆三角で長身の格好良いスタイルを手に入れることが出来るのではと思うかもしれません。

しかし、少し水泳をした程度では身長が伸びることも、筋肉が付くこともありません。もともと水泳は有酸素運動なので、適度なダイエットに効果的な運動です。

そのため適当に運動をするだけだと、身長を伸ばすどころか体重を減らす可能性のある競技になってしまいます。

水泳で身長を伸ばすなら栄養補給が大事

水泳で身長を伸ばしたいのであれば、クロールや背泳ぎといった縦の動きを重視した泳ぎを重点的に行い、練習後の栄養補給をしっかりと行いましょう。

たんぱく質は肉や魚からも摂ることが出来ますが、最近は良質なたんぱく質を含んだサプリメントやプロテインも増えているので、そちらもおすすめです。

しっかりと栄養を補いながら、自分に無理のない範囲で水泳を楽しむことが出来れば、適度な筋肉もつき、身長を伸ばす効果を得られるはずです。

水泳をしたからといって何センチも伸びるというわけではありませんが、2~3センチ程度であれば伸びる可能性は十分にあります。

サプリ人気の身長サプリ
ランキング

  1. 1位のピン

    アスミール★★★★★

    アスミール

    全項目で高評価を獲得!専門家推奨の身長サプリ

    アスミールは品質、安全性、価格や口コミなど、総合的にバランスの取れた身長サプリです。カルシウムを含め成長に必要な栄養素を過不足なく配合。コスパもよく1日の価格はわずか118円で続けられるのも魅力的。現在はお試しモニター実施で500円で購入可能♪

  2. 2位のピン

    カラダアルファ★★★★

    カラダアルファ

    余計な添加物なし!手軽に飲める身長サプリ決定版

    10代の成長期に必要な栄養素が含まれた厳選素材を組み合わせたタブレット身長サプリの決定版。現在、最もランキング1位に近い商品です。アレルゲンフリーなのでどんなお子さんでも安心して続けれます。いろいろなサプリを試してきて続かなかった子供や、部活やスポーツで忙しい小中高生に愛用者が多いのが特徴。

  3. 3位のピン

    プラステンアップ★★★★

    プラステンアップ

    中高生に特化した身長サプリ!定期縛りなし&全額保証付き

    中高生に特化した身長サプリ!定期縛りなし&全額保証付き テキスト:プラステンアップは中高生に必要な栄養素をサポートする身長サプリです。品質、安全性、価格ともに3拍子揃った商品です。はじめての方でも試しやすいように定期縛りなし&全額保証付きのサービス対応。初回が80%OFFの1,980で試せるのも魅力的!